2014年8月14日木曜日

何故、私たちは魂の向上を目指してこの世に生まれてくるのか



私たちは転生を繰り返して、何度もこの世に生まれては死に、また生まれ変わっています

まるで水車が激しく回転するように、空中(あの世)と水の中(この世)を行き来しています



そのように何度も生まれ変わる理由は、魂の向上を目指しているからと言えます

様々なる経験を積み、その中で学びを得て、川底の砂から砂金をすくい出す様に、経験から得られた英知を、元なる魂のもとに集めています

それぞれの人間には魂の兄弟と言う存在がいて、彼らが守護霊をしています

この魂の兄弟は、ほんらい一つの魂の現われともいえるもので、地上で得られた砂金(経験から得られた英知)を分け合う存在です

その魂の兄弟のうちの一人が、地上へと生まれてきて、様々な学びを得て、あの世へと帰り、もとなる魂の兄弟と経験を共有いたします

そうして魂の兄弟たちであるグループは、少しずつ魂の向上がなされていきます

あるいは、魂を向上させるものばかりでなく、地上にいる間、あの世も知らず、真理に反する生き方をして、魂を堕落させて生きる者たちもいます

そうした者が、死後に魂のグループに戻ってくると、グループ全体が悪臭のする水を注ぎ込まれるように、魂を後退させる作用をもたらしてしまいます

人々の魂は向上を目指してこの世とあの世を行き来している存在のなですが、では何故、魂はたえざる向上を目指すのか

その目的は、もとなる根源の神の元へと還ろうとする働きがあるからであります

初めにおいて私たちの魂は、元なる神の懐から分かれ出でた存在であり、誕生した私たちの魂は、また元なる神の元へと還らんと欲しているのであります

それゆへ絶えざる向上をめざし、無限に善き者となっていき、永遠なる神の光を体現せんと欲します

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 私の中にある記憶を文章にしたかのように、限りなく近いものがあります。
    この記憶は真実なのか、私が造り上げた妄想なのか、何かの刷り込みなのか、確信が持てずにいましたが、ようやく信じる気持ちになれました。
    ピタリと一致するポイントがいくつかあり、魂を揺さぶられたのか、さらに思い出したことまで出てきました。
    色んなことを気づかせてもらっています。
    ありがとうございます(*^^*)

    返信削除
    返信
    1. こんにち、洪正幸さんの記事で、私もついつい日常に追われ忘れがちだった心をそして魂を磨かなければと改めて思います。お互い頑張っていきましょう(^^)

      削除
    2. 匿名さん こんばんは

      この記事に書かれている内容に、似たような記憶が心のどこかにあったということですかね

      このブログの記事から気づきを得られたなら幸いです





      削除
    3. 紫さん こんばんは

      日々に磨いていかなければならないのでしょうね
      忘れずに磨けるようにがんばっていきたいと思います

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます