2014年8月2日土曜日

平和主義が戦争を招く



第二次大戦では「平和主義が戦争を引き起こした」といわれます

平和を望めば平和が来ると思っている人にはショックでしょうが、実際に平和主義が戦争の惨禍を大きくしてしまったのは歴史的な事実としてあります

それは何故なのかを述べてみます


第1次世界大戦を経験したヨーロッパの国々は「もう戦争はこりごりだ」という反戦ムードに包まれ、平和主義が広がっていました

そうした中で、戦争に敗れて荒廃したドイツでは、1933年にヒトラー率いるナチスが政権を取ります

そして1936年にはフランスとの間で、非武装と定められていたラインラントへヒトラーは武力進駐します

しかし平和主義の広がったイギリスとフランスでは、事なかれ主義をとって、ドイツとの衝突を恐れて反撃することはありませんでした

のちにヒトラーはこう語っています「ラインラントへ兵を進めた後の48時間は私の人生で最も不安なときであった。 もし、フランス軍がラインラントに進軍してきたら、貧弱な軍備のドイツ軍部隊は、反撃できずに、尻尾を巻いて逃げ出さなければいけなかった。」

歴史は後に戻すことは出来ませんが、もしも、この時のヒトラーの初期の挑発に、毅然として態度を取っていたなら、あの第二次大戦での酷い惨禍は無かったかもしれません

結局イギリスとフランス両政府は、ヒトラーとの平和機構を樹立させようとする妥協的な方法をとります

これがヒトラーに自身を持たせました「強気で押していけば相手は妥協する。何処までも押していくべきだ」という間違った認識を持たせてしまったのかもしれません

その後のドイツは、1937年スペイン内乱介入、38年オーストリアの併合、39年春チェコ併合など次々と周りの国々を侵略していきました

こうした事態にあっても英仏は平和主義をかかげ、他の国々が悲惨な目に合っている姿を見ても、自分たちの平和だけを望んでいるかのようでした。まるで現代の何処かの国のように

そして1939年9月1日、ドイツがポーランドへと侵略すると、ようやくそこでイギリス、フランスはヒトラーには平和的に当たっても無駄なことを知り、開戦を決意します

ですがドイツはラインラントへと進駐した頃と違って、軍事力と国力を充実させており、ポーランドを三週間で占領してしまいます

1940年ドイツは連合軍を破って、フランスを六週間で降伏させてしまいました

第一次大戦では勝利したフランスが、このようにあっけなく敗れた原因は、先の戦争の後遺症で、あらゆる戦争に無条件に反対するという平和主義が台頭していたこと(まるで現在のどこかの国のことのようですが)

急速に軍備を増強するドイツを見ても、ドイツが本気で戦争を始めるわけがないという根拠の無い楽観論が広がっていました(こちらも中国や北朝鮮が軍備の増強に励んでいるのに楽観論に浸っているある国にそっくりです)

フランスのみならず当時のイギリスも同じで、イギリス首相チェンバレンは平和主義をかかげてドイツに譲歩し続け、イギリス国民もそれを支持しました

チェンバレンのおかげで戦争が回避されたと絶賛され彼の名前を街に冠する運動まで起きたと言います

一時的な平和は得られたでしょうが、それによって後に大きな災いをもたらすこととなってしまいました

チェンバレンの政策は後に「平和主義が戦争を引き起こした」と批判されています

現在の日本の平和主義を見ていても、このチェンバレンと同じ過ちを犯そうとしているのが分かります

独裁国家の隣国が軍備の増強を進め、次々と強硬な姿勢を打ち出しているのに、平和主義と称して、安易な妥協を続けていると、後には取り返しのつかない事態を招いてしまいます

ヒトラーの台頭を許したのは、まさに戦争反対を唱える平和主義者達だったことを歴史の教訓として私たちは知らなくてはいけません

国家として慢心しすぎると他国への侵略を犯して戦争を起こしますが、同時に自虐的に平和のみ唱えていても、他国から侵略を招いて、これもまた戦争を招いてしまいます

真に平和を求めるなら、他国へ侵略しないのはもちろんのこと、他国からの侵略も防ぐ備えをしなければなりません

中道から離れて、どちらかに偏ると災いを呼ぶのは、国家でも個人でも同じことでしょう


関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

8 件のコメント:

  1. ご苦労様です。

    安倍政権も、 案外 へなちょこ政権で・・・

    選挙結果を危惧して、自衛権案の審議を来年の選挙後に先送りする旨を知って驚きました!!!

    何でしょうか、 鶏の脳みそ程度の目論見。

    ですので、 他国でこの度追突事故に遭ったのでしょう。

    頭打たないと分らない事でも・・あるんでしょうね!!

    ちょっと迷走気味!










    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      政治はいろんな出来事がおこりますね
      よりよい政治を為していくにはどうしていけばよいのか
      現実の政治は人々の思いの集合想念が影響しているのでしょう
      国民全体の意識のあり方が、現政治の方向性を示しているのでしょうね

      削除
  2. 平和を考えるのは、自虐からではないと思います。

    平和が戦争の原因ではないはずです。

    平和主義が戦争を起こしたとは、人心操作です。
    原因を探ることから目を逸らせますね。

    民衆の恐慌の生活不安を外部に向ける、

    人心操作術と扇動に長けた狂人ヒトラー。

    日本は平和主義から戦争を起こしたのですか。

    言葉のすり替えでは、同じことを繰り返すでしょう。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      第二次大戦は「平和主義が戦争を引き起こした」というのは私の独創ではなくて、世界では一般的にそのように言われていることを紹介しています

      ご存じなかったのかもしれませんが、勉強不足による誤解だと思います

      ちなみに英仏と書いているように日本とは書いていませんよ
      書いてもいない事で勝手に批判されても困ります

      英仏では第一次大戦での戦禍から反戦・平和主義に覆われて、ヒトラーの暴走を止めることが出来なかったため、あれほど大きく悲惨な戦争へと発展しました

      削除
    2. こんにちは、お返事ありがとうございます。

      長文になるかと思い、ポイントだけを書かせていただきました。
      様々な解釈、情報があるかと存じます。

      現在は、かつてとは違うグローバルな、地球、宇宙視点の時代であり、
      ご存知のように一人一人が発信できる等は、考えられない時代を迎えております。

      その利点を表現者として平和に結びつくよう怠らず、流されず、
      乗せられず、利用されずでしょう。

      軍事力と軍事力がぶつかり保つという発想も、
      質的、霊的には同じことを繰り返えす次元であると考えます。

      日本の事を述べましたのは、それぞれ各国の地形や風土、
      精神文化、歴史的事情、そこから来る言語の概念相違があり、
      他国の話を切り取って、流布すると表面的で都合よく観念分離が起こりやすい為です。

      軍事用語的な平和ではなく、
      錯覚が起こらないように、本当に平和が戦争を起こすのか?
      言葉を取り戻さなければと考え、足元の日本を出しました。

      説明不足で、失礼があったことをお詫び申し上げます。








      削除
    3. 「平和が」ではなく「平和主義が」戦争を引き起こしたです

      より正確に言うと、自国だけが平和を求めて話し合いと融和政策を取っていれば戦争にはならないと考える 安易な平和主義 が戦争を引き起こすと言えるでしょう

      実際に戦争を回避するためには、正確に国際情勢を判断し、適切な判断をしていかなくてはなりません

      ”安易な平和主義”は思考停止して、現実的な対処ができなくなるのが問題と言えます

      削除
  3. 政界だけでなく、STAP論文をあれほど酷評してきた学会も、東大教授の実験データのねつ造疑惑や執筆疑惑がいろいろでてきましたね。
    結局、これまで権威や権力をほしいままにしてきた“守旧派”が、“出る杭”を打ったつもりが、自分の足を引っ張るハメに陥っています。
    保身からひとを害す思いは必ず自分に返ってくるということを、権力や権威ある人ほど肝に銘じて頂きたいですね。

    「戦後体制からの脱却」を目指す安部政権にとっては、有り難い「追い風」が吹いていると思いますが、それが支持率に表れない(どころか低下…)のは、“守旧派”(特にマスコミやエライ学者先生方)の意見ばかり聞かされている国民の意識が変わらないせいだと思います。
    国民一人ひとりの意識の向上…遠回りでもこれしか道はないのでしょうね。

    ここのブログも、大いに寄与されていると思います。
    イロイロあると思いますが、頑張ってください。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      東大教授の捏造疑惑も出ているのですか。知りませんでした

      小保方さんの論文みたいに、ああいう形であら捜しをされたら大抵の研究家は論文の誤りを指摘されるでしょうね

      このブログが意識の向上にすこしでも役立っているかわかりませんが、そういっていただきありがとうございます

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます