2014年7月28日月曜日

自己催眠法 症状を和らげる



アンケートにて「線維筋痛症」について質問がございましたが、具体的な症状について述べることは問題がありますので、全般的な自己催眠法と少しでも和らげる方法を書いてみます

先日は「癒しとエネルギーを充電する瞑想法」を書きました

基本的にその方法をすこしアレンジして行います

座ってでもいいですし、横になってもよいですが、自分がリラックスできる姿勢で深呼吸を繰り返します

深呼吸は、鼻から息を吸い、口から吐き出します

その時に、吸う時には、大気中にある健康によい光の粒子を吸い込むのを意識します

吐くときには、身体に溜まった毒素が、息とともに吐き出されるのをイメージします

そして「癒しとエネルギーを充電する瞑想法」で書きましたように、光の玉をイメージして、それが頭上から、だんだんと身体全体を満たしていって、最後は足先まで抜けるのをイメージします

この光で満たされるのをイメージして行くと同時に、身体の中に溜まったネガティブなものや痛みが、指先や足のつま先から出て行くのをイメージしていきます

上記のプロセスが終了したら、心の中に「ありがとう・ごめんなさい」と繰り返し言ってください

このような感じで自己催眠と言ってもよいですが、症状を和らげるための方法を行っていただけたらと思います

もちろん病気をされた方は、こうした方法に頼る前に、病院へ行かれて治療を行ってください

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. ご教授ありがとうございます!
    さっそく方法を友人(病院に通っています)に
    伝えたいと思います。

    最近は線維筋痛症の患者さんは
    病院で診断されていない潜在的な方も含めると
    相当数(万人単位)いらっしゃるようです。

    万単位の人が苦しまれているとなると
    個人の問題というだけでなく、集団での
    何か大きな出来事が過去世にあったのではと
    考え、質問させていただいた次第です。

    過去世での加害者が
    今世では被害者となってカルマを解消するという
    話が一般的にはありますが、この病気の患者さんの
    多くは生真面目な方が多く、私の友人も「他人が傷つく
    くらいなら、代わりに自分が傷ついた方が良い」という
    精神的な傾向性が感じられるので、何かヒントでも
    教えていただけたら幸いです。

    また、自己催眠では「自分の勝手な思い込みかな」と
    思ってしまうのですが、そうした疑念は回数を重ねて
    訓練して捨てていくものなのでしょうか?

    追伸:
    Mixiでの日記もたくさん拝見させていただきました。
    グノーシスのお話も深く感じ入るものがありました。
    過去世リーディングや、様々なこの世的な事象の考察も
    ほんとうに素晴らしいです。

    大きな光の一柱として
    今後一層のご活躍をお祈りいたしております。

    返信削除
    返信
    1. 「他人が傷つくくらいなら、代わりに自分が傷ついた方が良い」とのことですが、ご自身を傷つける傾向性といいますか呼び込むところがあるように感じましたので、上記には「ありがとう・ごめんなさい」と繰り返し自分に言い聞かすアファメーションを入れています
      ご自身への労わりの思いと共に、磁石のように吸い寄せている痛みの念を解除していけたらすこしでも和らぐのではないかと思います

      疑念は、頭で考えるのではなく、とりあえずその作業に没頭してみる事です

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます