2014年6月2日月曜日

飛べない鳥の祈り



生まれつき飛べない雄の鳥がいました

みんなと一緒に大空を自由に飛びまわることが出来ないため、何時も一人で小さな穴に隠れて暮らしています


ある日のこと、飛べない鳥の住む穴の先に、宝石をちりばめたような翼を持つ綺麗な鳥がとまりました

飛べない鳥は恐る恐る「こんにちは」と挨拶し、綺麗な鳥も素直に返事をしてくれました

それからは時々会話を交わすようになり、飛べない鳥はやさしく綺麗な鳥にどんどん引かれていきます

飛べない鳥は、洞窟の中で糸をつむぎ始めました

糸をつむいで、豪華な服が出来たなら、お嫁に迎えたいと思い、毎日毎日つむぎます

でも、綺麗な鳥は、大空を飛ぶたくましい鳥と出会い、すでに結ばれていました

飛べない鳥は、それでも毎日糸をつむぎます

もう目的は失われてしまっているのに、生きる意味も失いながら、どうしてつむぎつづける?

飛べない鳥は心の奥でわかっていたのかも知れません。綺麗な鳥には、それに相応しいたくましく大空を飛ぶ鳥がいつか出てくることを

飛べない鳥は今日も糸をつむぎます。その意味も失われていても

おお、主よ、どうか飛べない鳥に関わるすべてのものの罪をお許しください。いつかは、いつかは、悲しみも清められますように

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

32 件のコメント:

  1. この飛べない鳥の哀しくも切ない、やり場のない心が、痛いほど解かる気がします。

    それでも、飛べない鳥として、今の姿の自分を精一杯生きているのでしょう。
    自分の存在を確かめるように。。
    自分は此処にいるんだと。

    出来ることなら、朝焼けに向かって翼を羽ばたかせ、風を感じたい。
    空高く飛んで、大空と一体になりたいと思っただろうか…


    悲しみが、いつの日か光に変わる日まで、その日まで、あなたに寄り添い共に分かち合おう。
    あなたがいるから、私がここにいるよっていってあげたい。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます

      きっと少しでも誰かのためになればと願いながら糸をつむいでいたのかもしれません
      そして美しい鳥の心が癒されしあわせになることを願っていたのだと思います

      削除
    2. 美しい鳥もまた、心に深い傷をおっていたのでしょう…
      それが、飛べない鳥にはわかっていたので、糸をつむぐことをやめられなかったのかもしれませんよね。。。

      美しい鳥は自分が飛べない鳥だった場合にも同じことを飛べない鳥にしていたかもしれませんね
       

      削除
  2. こんばんは。

    この話、小さい頃に絵本か何かで読んだような…夢で見たような…すごく懐かしさを覚えます。
    飛べない黒い鳥と、綺麗な鳥の絵が頭に浮かびます。
    あの頃、見た鳥です。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      この記事は今日思いついて、何も参考にせず書いたのですが、似たようなお話がありましたか?

      削除
  3. 非公開コメントへ

    この記事は心情を反映したものです

    それとプロフ写真は昔のもので、現在の私は四十過ぎのおじさんです

    返信削除
  4. 先日のイェイツの詩も、“哀しみ”に溢れてましたが、今日の詩も哀しいですね。

    遙か昔、中学性になるかならないかの頃、夢から覚めた後も、何で哀しいのか分からないままずーっと心の中が悲しみ一色(正にブルー!)に染まったことがありましたが、私も「飛べない鳥」だったのかな~?

    生きる意味もないのに、糸を紡いでいる悲しみ…?
    誰かを思って自分に出来る最善のことが糸を紡ぐことだと思うなら、例え、“きれいな鳥”が自分の目の前からいなくなっても、やはり、糸つむぎはやめられないでしょうね。
    哀しいけれど、他に致し方ないでしょう。

    「それが無意味で罪なこと」なら、哀しすぎます。(笑)
    “執着”が悲しみになった時点で、すでに清められていると思うのですが…

    気がつけばいつのまにか、ポジティブであつかましいオバ(ァ)ちゃんになっていたのでした(笑)

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      コメントありがとうございます

      削除
  5. きっと、大きなお仕事をしている鳥、きっと、頑張ったゎと、気づき…きっと、あうのですね。

    返信削除
    返信
    1. 大きな仕事と認められたのでしょうかね

      削除
  6. おはようございます!
    今回のこのメッセージは自分に向けられているのではないかというぐらい、自分にハマります!!(笑)

    飛べない・飛べると言うのは比喩的表現で、お読みになる方により想像力が膨らむメッセージですね~♫(個人的にこういうの大好きデス♪♪♪)

    (現実的な?)私はこのメッセージから感じるのは”因果”の働きという事ですね。
    前世からの持ち越しの因果(人生の宿題)が有ると、自由に空は羽ばたけない。
    でも羽ばたけなくさせたのは、紛れもなく”自分自身”であるという事。

    目的を失ったのに”糸を紬ぎ続ける”行為は、本人が知っていても、又知らずとも、過去の因への行為になって行くので、

    将来この鳥さんは、そうした因に見合った(もしかしたら自由に羽ばたける)鳥として生まれ変わるのではないかと私は思います。(^^♪

    だから過去がどうあろうと、私達は奢らず腐らず、前に歩みを進めるしかないのですよね~。(過去積んだ良い因=徳があっても、傲りで努力を怠り、その貯金を使い果たせば落っこちて行く。まさに因果の法則ですね。)

    美輪さんが(又美輪さんの事を取り上げてアマミキョさん、申し訳ありません。(笑))コンサートの中で、

    「私達はいつも ”ウサギとカメの駆け比べ” です!果たしてどちらが先にゴールに着くか!?(笑)」とメッセージされるのも、そういう事ではないかと私は思っております。

    美輪さんのその謙虚さと、自分を含めた人々への平等な思いにも私は頭が下がる思いでした。

    注:私は美輪さん信奉者ではありません。(笑) ”善いものは良い”信奉者です。

    どんな人からでも学ぶ(教師・反面教師として)姿勢は、自分を正す為にも、私は自分で常に失いたくないと思っています。(^^♪

    From ゲージュツカのおめめ㋱


    返信削除
    返信
    1. いろいろなものから学べるといいですね

      削除
  7. 飛べない鳥の悲しみはとても切ないですけれど、現実を受け止めることで神様に許されていく罪ならば有難いことだと思います。辛さを引きずるとまた新たな種を蒔いてしまうので、この鳥は嘆かず糸を紡ぎ続けることに偉さを感じました。
    現実を受け止められず、あがいて傷を広げることをしてしまうこともある私なので…。

    返信削除
    返信
    1. あまりにあがいてしまうと傷口が広がることがありますね

      削除
  8. あるとき、たくましい鳥は怪我をしてしまいました。子ども達とたくましい鳥を守るために、綺麗な鳥はせっせと巣を作りました。体はボロボロになり、飛ぶ姿も昔のような輝きを失っていました。飛べない鳥はこっそりと、綺麗な鳥たちの住む巣のそばに、心を込めてこしらえた豪華な服を置きました。綺麗な鳥はそれを見つけ、身につけてみました。身につけた瞬間、優しくて暖かな愛に包まれました。作ってくれたのが、あの飛べない鳥だということを分かっていたかどうか、それは誰にも分かりません。でもそれから綺麗な鳥は元気になって家族のためにせっせと働きました。飛べない鳥はいつまでも綺麗な鳥の飛ぶ姿を見守り続けました。

    返信削除
    返信
    1. 素敵な続きのお話しをありがとうございます

      削除
  9. 飛べない鳥の気持ちとてもよくわかります。
    せつないですね。
    けど、飛べない鳥はだれよりも心が優しく強いと思います。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      そうだといいですね

      削除
  10. アマミキョ2014年6月3日 23:17

    ゲージュツカのおめめさん、お気になさらず!私は美輪さん好きなほうですよ!(笑)

    飛べない鳥の糸をつむぐ行為そのものに、それ自体は報われずとも儚い美しさが宿っていると感じるのは私だけでしょうか?

    この世界は儚くも美しい思いで輝いているのかもしれせん。



    返信削除
    返信
    1. 本質には光が宿っていますが、覆われて光がふさがれることで深みが出来ている世界だとおもいます

      削除
  11. 心にずきんとする文章でした。切ないですね。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      お読みいただきありがとうございます

      削除
  12. 今朝、コチラに来てビックリしました!

    報われない愛…ほど哀しいものは無いのに、余計なコメントをしてしまったこと、深く深く反省しております。

    ここのブログには、砂漠の生き物が水を求めオアシスに集まってくるように、洪さんの透き通った優しい言葉に癒されに来ている…一人のつもりでしたが、そのオアシスにオアシスの主自身の悲しみがいっぱい詰まっていることに、気づかず、優しさのかけらもないコメントをしてしまいました。

    飛べない鳥の悲しみとその鳥が無償の愛で紡ぐ糸の美しさは、誰にも知られず、知って居るのは神様だけ…なのかもしれませんが、洪さんが紡ぐブログの美しさ(水の美味しさ)は、みんな知ってます…ので、この泉が枯れるなんて恐ろしいことがないよう祈ります。
    洪さんの中の詩人の魂がどうか癒されますように






    返信削除
    返信
    1. どうもありがとうございます

      徐々に復帰してゆきたいと思います

      削除
  13. お疲れ様 すこしの間お休みされたらいかがですか? なかなか、深いところでは伝わりにくくて、大変?かも知れませんね。
    自分をゆっくりさせて、また 発信してください。
    人間である以上疲れます。 気持ちはものすご~く伝わってきます。
    みんなが、この次元界じゃいっしょでないから、それぞれ自分の、いいようにしかとりませんから。 やさしいね、幸さんらしく輝くのをたのしみにしてますからね~ おばさんより

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます

      ゆっくり回復していきたいと思います

      削除
  14. 涙がでそうになるくらい 、飛べない鳥の気持ちがわかりました。
    私も同じ気持ちです。

    飛べない鳥は紡ぐのを辞める方が辛いのですね。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      どうもありがとうございます

      削除
  15. このポエムは、洪様の思いを綴られていたのですね・・・。( ; _ ; )
    さりげなく表現された”雄(の鳥)”と限定されている所、見落としていました。

    皆、自分の事だけに思いを乗っけてばかりで、洪様の思いに誰も気づいて差し上げられなかった事・・・。私は何だかとっても切ない気持ちになりました。(T_T)

    洪様、いつも甘えてばかり、もらいっぱなしでごめんなさい。
    そしてありがとうございます。
    きっと今、沢山の温かいファンの方達から、洪様へ愛の波動が届けられている事でしょう。

    私はこんなに品格の有るブログと、知性的なコメントのやり取りを見るブログは他に知りません。

    From ゲージュツカのおめめ㋱

    返信削除
    返信
    1. こんにちは

      いつもありがとうございます

      削除
  16. 洪様はじめまして、いつも拝見させていただき深い癒しを頂いています。

    いつもいつも、本当にありがとうございます。

    私は40歳を目前とした女です。

    これまで、手の届かない星の瞬きに似た愛を追い続けた日々でした。

    自分だけが抱える無限の孤独だと思っていました。

    でもこの記事を読ませていただき、この世界のどれだけの人々がその苦悶の中を必死で生きているのかと、目からうろこが落ちる思いで覚醒させてもらいました。

    もう自分を許してあげたいと思うようになりました。

    本当にありがとうございます。

    どうか洪様が安息に包まれますように、心よりお祈りしております。





    返信削除
    返信
    1. 紫織さま

      ありがとうございます

      あなたの心も癒されますように

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます