2014年6月1日日曜日

誰も書けなかった死後世界地図

百年ほど前に英国で出版された『スピリットランド』というベストセラー作品の抜粋新訳となる本「誰も書けなかった死後世界地図」

ブログ読者の方から紹介がありましたので読んでました

1とⅢの二冊を読んだのですが、内容はほとんど一緒で、1は解説や絵などあり分かり易く書かれており、Ⅲのほう抜粋で出来た作品という感じですので、もし読まれるならⅢだけでよいかもしれません

内容はイタリアの貴族の青年フランチェッツォが、亡くなってから死後の世界で体験した出来事を霊界通信によって送ってきた内容となります

彼は生前は死んだらすべて終わりで、何も無くなると考えていて、放蕩な生活を送っていたとされます

フランチェッツォは命あったときの終わりの頃に、愛情深い素晴らしい彼女に出会います

しかし、時を置かずして彼は無くなってしまいます

その彼が彼女に霊界から通信を送って様々な死後の世界を語ります

はじめにこの世に縛られている「地表の世界」から、霊体を癒す「希望の家」に移ります

その後、利己的な霊の集まる「たそがれの国」、「灰色の石の谷」、「不安の国」、「守銭奴の国」、「不幸な国」、「凍結の国」、麻薬中毒者の横たわる「昏睡の洞窟」へと、死後の様々な国を訪れます

そしてさらに深い世界、残酷な霊たちの集う「最下層の霊界(地獄界)」を探索します

それが終わると、自らの向上を願う者の集う「悔い改めの国」、「あかつきの国」、「朝の国」、「日の国」の旅へと歩き続けます

特に印象に残ったのは、亡くなる前に出会った彼女の愛情の思いによって、主人公のフランチェッツォが窮地を脱するシーンが述べられている所です

普通の方の思いは悲しみの念が多くて、救済力は少ないと思うのですが、この彼女は聖女のような方だったのではないかと思われます

彼女の純粋な祈りによって主人公が助けられる場面は胸をうちます

この本を読んだときに思い出したのはダンテの神曲でした

神曲では、主人公のダンテが地獄から煉獄へ、そして天国へと訪問する姿が詩的に描かれています

神曲はダンテの創作となっていますが、ダンテ自身もインスピレーションを受けたか、霊的に探索していたのではないかと思われます

そしてダンテの作品には、彼が神聖視した現実の女性であるベアトリーチが登場し、神曲では彼女が天国に座してダンテを救う永遠の淑女として描かれています

現実世界ではダンテのベアトリーチェへの深い愛は報われず、彼女が別な男性と結婚し、若くして亡くなった時には狂乱状態となったといわれます

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

5 件のコメント:

  1. ちなみに洪様自身は、その様な通信を送られた事が有りますか?
    (以前に洪様は「霊界案内」という本を著されていらっしゃいますよね?)

    返信削除
    返信
    1. わたしがあの世から生きている人に通信を送ったということですか?
      それはないと思いますけど

      霊界案内という本はインスピレーションを受けて書いたものですね

      削除
    2. 霊界からの通信を受けられたかという意味でしたか?

      直接みたり声が聞こえるわけではないですけど、インスピレーションで頭のなかに降りてきたり、夢で講義を聞いて、その内容を書いたりしました

      削除
    3. あ~~~っ、言い間違えでしたね。

      そうです。「その様な通信を受けられた事が有りますか?」が正しい質問でございます。_(_^_)_

      そうですか。インスピレーションや夢・・・。
      洪様の繊細・微細な感覚と感性が伝わって参ります。~☆彡
      素晴らしい!と思います!(✿。✿)

      削除
  2. 次の世界があるのですね。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます