2014年5月29日木曜日

北朝鮮 拉致問題の解決に向けて


今日、安倍総理は北朝鮮による拉致問題について、北朝鮮側が再調査することに合意したと伝えました

拉致問題は、北朝鮮によって日本人を拉致して強制的に北に連れて行かれた事件を指します



小泉内閣の時期に北は一度拉致を認めて、蓮池さんら数人を帰国させたのでが、拉致被害者はもっとたくさんいるとみられ、また、亡くなったといわれる人物にも、返還された骨のDNA検査から別人と判明し、実際は生きているのではないかと思われています

以前にも再調査することで合意していながらその後解決を得ないままとなったことがあります。今度こそ最終解決していただきたいですね

今回は北朝鮮側がスウェーデンのストックホルムでの協議を求めてきたようですから、中国による影響を嫌ったととれます

北朝鮮は中国と日本(の後ろ盾の米国)を天秤にかけて有利に運びたいという狙いがあるのかもしれません

中国が北朝鮮の日本への接近を黙って見過ごすか、飴と鞭をつかって北を従わせて、日本との交渉を決裂させる方向へ進ませるのか、今後の中国の動きにも注意すべきでしょう

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. そもそも拉致って何の為にするのでしょうか???

    自分の国(=究極的にはそれぞれ自分?)の為なら、人の命も政治的に利用するなんて、本当に心無い残酷な行為ですね。

    返信削除
    返信
    1. 日本人の場合は、スパイの養成のために日本語教育のために利用したりですね

      あるいは北朝鮮の工作員をたまたま目撃してしまってので拉致されたというケースもあるようです

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます