2014年5月28日水曜日

縁結びの神様のお力!? 高円宮典子さまと千家国麿さんご婚約内定


昨日からニュースでながれていますね、高円宮典子さまと千家国麿さんご婚約内定されました

千家国麿さんは、出雲大社の宮司の長男で、現在は「禰宜(ねぎ)」という宮司を補佐する神職をなされているそうです

出雲大社といえばご存知の通り、縁結びの神社として大変有名ですね



出雲大社は因幡の白兎で有名な大国主命を祭られている神社です

天皇家は天照大御神の子孫として伝わっていて、大国主神は天照大御神に国譲りされたと記紀にはあります

古事記などを読みますと、大国主命はたいそうおもてになられたようで、色恋沙汰といいますか、何人かの女性との交流が描かれています

それでモテる神様だから縁結びの神様なのか?っとも思ったのですが、おそらく違うでしょうね

天照大御神へ国譲りされて、ご自身は出雲大社という大きな社を建てられて祀られていることから、神様との神様の縁を結んでいったということからきているのではないかと思います

現在のビジネスでも人と人との結びつきが大きな仕事を成し遂げますから、大国主命も古代において人との(あるいは神様との)結びつきで成功なされた神様だったのでしょう

そのなかにはビジネスパートナーもそうですが、異性も関係していますね

重要な家系の娘さんと結ばれることで、平和的に勢力を増すことが出来ます

大国主命は、そうした融和的な方法で大きな国の主となっていかれた方だったのではないかと想像します

大国主命をお祭りする出雲大社の宮司の長男さんですから、今回はそうした力を受けられたかもしれませんね

出雲大社は今後も縁結びの神社としてますます人気のスポットとなるのではないでしょうか

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. 久々の華やかでおめでたい&深淵で厳かなニュースですね!
    私は神道もちょっと勉強したので、この話題にはとてもロマンを感じます♫
    神道にもそれぞれ色々な解釈が有ってとても面白いです!(^^♪

    ここから先日のお話の続きになりますが・・・。
    神道も仏教もキリスト教も、その他色々な宗教・信仰がありますが、何を勉強しても必ず出て来るのが「私の信じているものが本物!」と、他を非難したり排除したりする事に必ず遭遇するいう事でしょうか?(そうじゃないというものに出会った事がないと言っても過言ではありません)

    神様などを信じていなくても、立派な生き方を呼吸するように自然にされておられる方の方が神様に近いという事も有りますし、

    その方がどんな思いを抱いて、どんな志で生きているかなんて、そんなに簡単に判断できるものでもないと私は思うのですね。
    なので私は色々なものを勉強して感じるのは、まずこの日々の暮らしを高い志で”現実的に生きる”事なのです。

    そういう意味では、相手の信じているものを決して否定せずに尊重された上で、相手から気付く様に諭されたお釈迦様の叡智=非常に現実的で、神を信じる・信じないに関わらず全ての人間に説得・納得できるものを説かれ、その規模も全ての生命にまで及ぶそのスケール感は、取り敢えず今の私に取っては一番尊敬できるかもです。

    (ただ仏教の教えも後世に伝えた方々により、かなり形を変えて色々有ります)

    私は神道は”生”から、仏教は”死”から、生きる事を捉えている様に感じていて、どちらも素晴らしい叡智を感じています。
    (物事を多角的に観るにはうってつけ!?)(^^♪

    そしてきっと(時の権力者によって歪められたものでなく本来の)キリスト様の教えというのも、素晴らしいものだったに違いないと私は思っているのです。

    良いものは善い。それが私の信仰でしょうか。(笑)
    だから心が広くて器の大きい洪様も、私はご尊敬申し上げているのであり、洪様の世界観からも学ばせて頂いているのであります♪
    _(_^_)_

    ゲージュツカのおめめ㋱

    真理は一つとしたら、何を学んでも、どういう道から入っても、行き着く先は同じだと思うので、私は自由に楽しく人生を学んで行きたいと思います。

    私は何を信じようとも、まず今自分が生きているこの人生で、人様に何ができるか?という事に尽きると思っているので、

    どんなものでも、その人に取って”今を生きる事”に役立つならば、良いものは善いでいいんじゃないか?と思います。

    返信削除
    返信
    1. ひとつに絞るばかりでなく、様々なもののよいところを学んでいけて、ご自身の学びとして向上できたらよいですね

      削除
    2. はい。今の私には自分の視野を広げる意味でも、そういう学び方が合っているみたいです。(^^♪

      削除
  2. 余談追伸♫
    神道の話題に因んで(?)、今日は久々自宅に近い馴染みの亀戸天神にお散歩がてらフラリと出かけたくなったので行きました♪
    (私は日本の神様に会いに神社に行く時は、個人的な願掛けなどせずに、単に感謝の気持ちをお伝えしに参ります。それと何より木々が多い神社ののどかな空気に触れるのが気持ちが良いからです♪)

    天神様に向かう途中、沢山の鳩が私の後ろから追い風の様に頭の真上を飛んで前に降り立ったり、不意にスズメが私の方に向かってすぐ近くに飛んで来たり・・・。

    そして天神様に着いたら何と・・・!
    今日は一羽の美しい翡翠(カワセミ)が神社に!!
    《゚Д゚》~☆☆☆
    あまりに美しく可憐なそのお姿に、例により思わず私は子供の様に神社内で追っかけをしてしまいました~。(笑)(飛ぶ時の後ろ姿の青の翼の色が何と美しい事!)

    その後、お参りをしようと二つ目のお太鼓橋を渡る時に池に目をやると、今度は鴨さんが二羽、それぞれ岩の上でひなたぼっこをされているではありませんか!
    (^^♪

    私は思わず「へぇ~~~。鴨さんも池を泳ぐだけではなく、岩の上でリラックスしてお昼寝もするんだ~♫」と思いました。

    そして神社を後にして道を歩いている時も、大きなカラスがあまりに近くにふいに登場し近くの木に止まったので、私は思わず「おぉ~~~♫」と声が出てしまった場面も。(神道ではカラスは神様のお使いなので私は全然怖くありません♫)

    そして夕方帰宅する時も、今日は何故か沢山の鳥達に囲まれている感覚がするくらい、鳥さん三昧な一日でした。

    何か凄く嬉しく感じて楽しかったです♫
    (もしかして洪様が呼んだのですか~~~?なんちゃって♫)

    From ゲージュツカのおめめ㋱

    返信削除
    返信
    1. 日本の神話でも大和武の魂が死後に白鳥となって飛んだという伝承のあるように、魂が鳥の姿で現されることがありますね

      それに神武天皇でしたか?を誘導するヤタガラスという鳥も出てきますね

      日本神道でも使いとして鳥が出てくるようです

      神社の神様がお見せなったのかもしれませんね

      削除
    2. はい!今日は神社には明るい神気が流れていた様に感じました♪

      以前にお話しした様に、太宰府でも亀戸天神でもアオサギに遭遇するなど、私はどうも菅原道真さんに気に入られている気が致します!?(笑)

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます