2014年5月1日木曜日

レプティリアン・爬虫類型宇宙人の転生その性質と特徴


レプティリアン(レプタリアン)とは外見が爬虫類に似た宇宙人で、その見た目どおりに冷血で凶暴な性質を持ち、時には人間をも食すと言われています

地球はレプテリアンによって支配されているという説や、地球乗っ取り計画を持っていると噂されます

はたして彼らの正体とはどのようなものでしょうか



アメリカのテレビドラマで「V」という番組があり、最近はそのリメイク版も放送され、レンタルビデオ店で見かけます

「V」という作品の内容は、ある日空から降りてきた宇宙人が、人類と友好関係を結ぼうと言ってきます

それを信じて、彼ら宇宙人のビジター(訪問者)を歓迎して、彼らに必要なプラント工場などを地上に造り、彼らからは科学技術を供与する約束で交流します

ですが、彼ら宇宙人は、裏で地球乗っ取りを計画し、人間の顔をしていましたが、その裏では爬虫類のような姿を隠していて、密かに人間を捕まえて食糧としていました

宇宙人の正体を知った人々が、地下組織を作って彼らに抵抗するというようなストーリーとなっています

レプティリアンについて非常に特徴を捉えている描写であるため、実際の宇宙人情報がリークされて作られた番組だと思います

一番上の画像は、シュメール神話における空から降りてきた神々であるアヌンナキの姿とされるものです

シュメール神話については以前にも書いたことがありますが、その中には人類を遺伝子操作で作り出し、奴隷として働かせるように読み取れる部分があります

人類をエデンの楽園から追い出したとされるエンリルと呼ばれる存在こそ、レプタリアンであったと思われます

レプティリアンのなかには、このように人類をまるで実験場の家畜か、あるいは奴隷のように見ているものも存在するのは事実であろうと思います

このブログで宇宙人の存在で黒シャツと呼んでいた存在の正体も、このレプティリアンが入っています

レプティリアンについてはデーヴィッド・アイクと言う方が本などで取り上げて有名になりました


私たち地球人類のなかにも、レプティリアンと呼ばれる宇宙人の魂は転生して、人間として生まれ変わっていることがあります

例を上げて紹介いたします

ある会社(消費者金融)の元会長さんをテレビで拝見したときのこと

この方は会社に自身の写真を掲げさせて、社員に毎日礼をさせたりなど、配下に崇拝させるようにしているそうでした

この方の前世として、東欧で領主をされているのが感じられました

領地の一部を農民に貸して、利益を取るのですが、相当厳しい取立てで、農民は奴隷のようにして働かされ、食べるのがやっとという状況に見えます

こうして領土の人々から富を吸い尽くして、自身は贅沢な暮らしをするということをしていたため、だいぶ恨まれているようでした

さらに前の過去世では、モンゴルかその近くで遊牧民のもとで生まれますが、偽方術師のようなことをしています

方術師というのは呪術とかをする霊能者のような存在で、人々を騙してコントロールしています

そして集団をまとめあげて、馬を駆って南下し、辺境にすむ農耕民族をさらって来て、奴隷にして農作業をさせるということをしていました

この方のもとの魂と言うのは、レプティリアンと呼ばれる宇宙人であると思われます

残忍さを持ち合わせて、人々を支配しコントロールする能力を持ち合わせています

もう一人紹介します

その方は政治家で、国会議員をされています

前世において地方の豪族をされていて戦いの日々を送っていたのですが、やがて中央の政府に敗れて、無念な思いを残しながら滅ぼされました

また、他の前世においても武将など戦いの中で競い合っている姿が見えます

この方は攻撃力、敵を倒す能力を磨いてきた魂で、選挙などでもそうした能力が使われているのでしょう

レプティリアンと呼ばれる魂の転生の人々は、競争力が強く、人の上に立ちたがる傾向があるため、会社や組織の重役や、政治家などに多いと思われます

彼らは残酷さや凶暴さだけでなく、その破壊力や統率力によって、人類に貢献できる面もあるといえます

個々のレプティリアンによるでしょうが、中には残忍で厳しさばかりが表に出ているものもいますし、なかには人々を守るという目的に力を発揮する魂もいるといえるでしょう

関連記事


ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 北朝鮮など独裁国家ってレプリアンそのものですね。

    返信削除
  2. 写真を拝ませるなんて創〇〇会じゃないですか。
    そういうことするのが好きなのはレプリアン系なのでしょうか。

    返信削除
  3. 自分もアヌンナキだと言われたけど、守るために戦うところがあるかな。

    返信削除
  4. アヌが護神(秩序神)でエンリルが軍神(解放神)らしい。
    その神々の戦いの歴史がずっと続いているのがこの世界。
    アヌはアッラーとかアマテラスとか今は呼ばれている。
    エンリルはヘブライ人のエロヒム(ヤハウェ)とか蒙古の
    テングリとかヒンドゥーのインドラの元かね?

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます