2014年5月21日水曜日

ASKA氏の薬物問題


チャゲアスのASKA(飛鳥涼)さんが覚醒剤の使用疑いで逮捕されて、メディア等を騒がせています

今回はASKAさんの薬物問題について書いてみます


CHAGE&ASKAの代表的な名作に『SAY YES』に以下のような歌詞があります

「言葉は心を越えない とても伝えたがるけど心に勝てない」

昨日の記事でも書いていたように、宇宙由来の魂にとって、言葉でのコミュニケーションにたいへんストレスを感じたり、苦痛であったりすることがあります

ですので上記の歌詞には共感できる点があり、ASKAさんご自身も、もともとは宇宙からの魂なのかもしれません

宇宙からの魂の場合は、その疎外感や孤独感、周囲との孤立や、溶け込めなさなどから、現実に適応できなくなり、逃避行動をする可能性が考えられます

ASKAさんの場合は、歌の創作をされていますので、作曲の働きを手助けすると考えてか、創作のストレスが加わって覚醒剤を使ったのかもしれません

人気歌手であり作曲家である彼が薬物を使用していたことは、影響力のあることですので大変残念でした

ひとのもつ心に開いた穴に光の当たらない影ができ、その闇に引き寄せられるように、悪事をそそのかす人がよってくることがあります

ASKAさんと、彼にクスリを提供する人物と、両者の闇の合わさるところで問題は起こっていきます

ASKAさんには更生されて、よきものを提供されるように願っています

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

10 件のコメント:

  1. きっと不死鳥のようによみがえり、再び音楽で愛を届けてくださいますように。
    彼に御仏の慈悲の光が降り注ぎますように。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      更生してもどっていてほしいですね
      槙原さんも同じようなことがあって戻られたと記憶してます

      削除
  2. miki hoshikawa2014年5月22日 1:05

    飛鳥 疲れたのかな。今度は、ゆっくり行けるかな。あの頃みたいにも一度、ヤンチャにさ。美輪さんとも、もう一度話したいなー。振り返ると、たくさん会えた。沢山話した。楽しかったです。これからも、みんな、いいさ!子房さんたちsee you ,

    返信削除
    返信
    1. いろいろストレスもあったでしょうからね

      きっとまた良くなってみんなの前に戻ってくるとおもいます

      削除
  3. 人は過ちを犯したり、失敗するものだと思います。
    そのようにしながら学んでいるのだと。ただ、その過ちの程度により受け取るものが大きいかったり小さくすんだり‥

    何れにせよ、人の放ったことは、放った本人がブーメランを受け取るしかなく

    薬物の怖さ、失うものの大きさを知らせるメッセンジャーとして、彼の魂が決めていたことかもと、ふと思いました。

    その為に影響力のある人物になった

    光と闇を見せてくれたのではないでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 失敗の中にこそ学ぶべきことがあり

      彼もどれだけ学べたかで今後が決まってくるでしょう

      本人の学び取ったもので、今後の使命が変わってくるのでしょう

      削除
  4. アーティストは大なり小なりチャネラーなのではないでしょうか。そして、何らかの理由でこれまで繋がっていたインスピレーションの根源と繋がれなくなった時、恐れから同様の状態になれる“薬物”に手を出してしまうのではないでしょうか。

    自分も言葉は苦手です。自分の発した言葉から誤解やトラブルが生まれることが多いです。そんなつもりはなくても。でも、その原因は人の気持ちを考えない自分勝手さや、潜在意識に他人を否定・拒絶する想いがあるからだと思います。ETソウルであることは言い訳にできないので、なんとかして原因を突きとめて自分を正したいのですが…。人間の仕組み(?)は理解不能すぎます。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      内観にて原因を突き止めていって改善していかれるとよいですね

      削除
  5. (これからゲージュツカのおめめ㋱として、又コメント復活!?)

    私がいつも心がけているのは逆転の発想です。
    「お互い解り得る」というのを基準にせずに、「お互い解り得ない」を基準にした方が、人間は謙虚になれるのではないかと思っています。

    そうすれば解ってもらえなくても”当たり前”で、落ち込んだり怒ったりしなくても済みますし、解ってもらえた時は”有り得ない事=有り難い事”として、相手に感謝を感じられます。

    お釈迦様がこの世は空虚=思い通りにならない=苦であると説かれたのも、そういう基準を持った方が、自分が苦しまなくなるというお慈悲であると私は理解出来ます。

    思い通りになる(=こんなはずじゃない含)という勘違いが有るから、そうならないと怒りや悲しみ・焦りなどのネガティブな感情を持つ訳で(ASUKAさんもそういう所で苦しまれたのではないでしょうか?)、

    思い通りにならないのが当たり前という基準が有れば、思い通りに行った時は奇跡として(!?)感動・感謝を持つ事が出来ますし、どちらに転んでも心は平安でいられます。

    宇宙の法則は決して人間には計り知れないものなので(流動的なので、何かを掴みかかると変化する性質だそうです)、私は考えてもしょ~もない空論に囚われるよりも、日々の生活の中で、少しでも人様のお役に立てる自分でいる事を心がける事の方が、堅実な生き方ではないかと思います。

    その為にはまず自分が幸せになる努力は不可欠ですよね?
    自分が平安でないと、人様にそれを差し上げる事は出来ません。

    ですので皆様、お互いが自分に出来る事で、自分のやり方、自分のペースで、それぞれにガムバッて行こうではありませんか!(-^〇^-)

    ・・・という訳で洪様、改めて私の勝手きままなコメントを、又宜しくお願い致します
    。_(_^_)_

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      復活されて嬉しいです
      また いろいろ教えてくださいませ

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます