2014年5月16日金曜日

大地震の前兆!?深海魚が続々と水揚げされている理由|ダイオウイカ、リュウグウノツカイ、サケガシラ-、メガマウス


今年に入り、特に日本海側で深海魚の水揚げや打ち上げられるケースが多数報告されています

これは大地震の前兆なのでしょうか、それとも別な原因があるのでしょうか

専門家により意見は様々で、最近の深海魚ブームによって報告例が増えただけで、昔であればそのまま捨てられたものが、今は話題になって取り上げられていると言う意見や

温暖化の影響か、海水温の深い所と浅瀬の温度差がなくなってきて、深海魚が浅瀬に迷う込むようになったとする説

そして地震などの前兆現象として見られるとする説があります

リュウグウノツカイなどは昔から地震前に打ち上げられるとする話がありますね

地震の前兆として深海魚が打ち上げられる理由として、圧力の高まった地殻において電流が発生し、それを魚が感知して浅瀬に迷い込むような異常行動の原因とする説があります

あるいは、海底でマグマの噴出や、有毒ガスの発生により異常行動がおこる可能性もあるのではと思います

東日本大震災の前にもイルカなどの打ち上げがあって、念のために地震に注意してくださいとMIXIで書いていた現実に起こってしまいました

深海魚が打ち上げられている背景には、海底地殻の活動が大きくなっていることを意味するように思います

どうか災難が和らぎ無難となりますように

関連記事

ブログランキング に参加しています
あなたのクリック=無償の愛でこのブログは大勢の人に見てもらえています
いつも応援してくれて、ありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます