2014年4月20日日曜日

韓国船沈没と沖ノ鳥島事故そして商船三井の船舶を差し押さえの霊的繋がり



最近続いている海難、韓国船沈没と、沖ノ鳥島で起こった桟橋の事故、そして中国が商船三井の船舶を差し押さえ事件について、その背後にある霊的な意味について感じたことを書いていきます



韓国にて大型のフェリーが事故にあわれ多くの犠牲者が出ていることは、このブログでも取り上げました

旅客船セウォル号の沈没事故につきましては、韓国の没落と、韓国から日本に向けられた日本沈没しろという邪念が、韓国自身に返って行ったのではないかと述べました

日本の神社の絵馬などに、ハングル文字で「日本沈没」等と言う意味の願いを書いているものもあり、前回の記事でその画像を貼ろうかと思いましたが、このブログを読まれている人が同通してはいけないので、あえて載せませんでした

このように神聖な場所である神社等で人の不幸を願うと言うのは(この場合は日本国の不幸)、呪いを行っている事と同じであり、その不幸は自らに帰って来ることとなってしまいます

先月末には沖ノ鳥島(東京都小笠原村)にて桟橋転覆によって、作業員の方が亡くなるという痛ましい事故がおこりました

沖ノ鳥島は日本の最南端に位置し、国境の最前線にある島です

その島で事故が起こったことには、日本自体が国境や国の防衛ということに無関心であることに警鐘を鳴らすという意味があったように思います

そして今日は中国が戦前の船舶賃貸を巡って、日本の商船三井の船舶を差し押さえるというニュースが流れました

こうした流れと事故の背後には、日本が中国に押さえられていく未来を
暗示しているように思えます 韓国もともに

現在、アメリカの国力は下降して行って、相対的にロシアや中国の影響力が増していっています

日本はアメリカに守ってもらっている状況にあるのですが、このままアメリカが手を引いていけば、日本は自国で中国や韓国、北朝鮮などの圧力に耐えていかなくてはならなくなるでしょう

そして悲惨な予想としては、第二のチベットやウイグルのように、国を失って他国民に支配される将来と言うのもありえます

かつて、旧約聖書などにはよく出てきますが、預言者があらわれて国の危機を予言し、このままでは滅ぼされると警告するのですが、国民はそれを笑いものとし、聞き入れなかったため、国が滅んで悲惨な目にあうということが起こりました

昔話のように感じるかもしれませんが、現在の日本がまさしく、古代のイスラエルのような状況にいると言っていいでしょう

人々がどのような考えに引かれていくかによって、日本の未来は変わってくるでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 私は日本国の底力を信じている一人です。

    でも神様のご加護を得る為には、一人一人の心がけが大事になると思います。
    (神様は何もしない者に都合の良い時だけ助けてくれる様な、そんな甘い存在ではないと思います故・・・)

    念とは怖いものですね。
    もし送るとしたら、善い念を送れる人間を目指したいものです。(✿^ω^)~~~☆

    返信削除
    返信
    1. こんにちは

      普段は気づかずに念を送っている人は多いでしょうから、注意されるようになるといいですね

      削除
  2. こんにちは
    とっても素敵なブログに出会えて幸せに思っております。
    ありがとうございます。

    私は韓国のお菓子など大好きで、韓国ソウルに旅行するのが好きですし、韓国人も好きです。
    しかしここ数年、日韓の仲が思わしくなくなってきている様子で、心が痛みます。
    洪さんは、日韓の明るい未来の可能性について、なにか見えるものはございませんか?
    また、私は本当に韓国が好きなのですが、そうした良い波動を発しながらソウルを旅することは、良いソウル旅行につながりそうでしょうか?
    教えていただければ幸いです。



    返信削除
    返信
    1. 日韓につきましては現在のところ厳しい将来が待っているように感じられます

      良い思いを持って出かけられるのは基本的に良いものを引き寄せやすいので良いのではないでしょうか

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます