2014年4月13日日曜日

地震 福島と南太平洋で、先日はチリ沖でも、環太平洋の火山帯の活動が活発化の兆し【ソロモン諸島】



今日は福島県で震度四の地震があり、また早朝には南太平洋のソロモン諸島にてM7.6と推定される地震がありました

またこのブログでも先日取り上げましたが、南米チリでも大きな地震がありました



東日本大震災のおこる前も、一年ほど前に、同じくチリで大きな地震があり、また一月ほど前にはニュージーランドでも大きな地震がありました

このように環太平洋の火山帯とよばれる地域は、地震の連動が起こりうる地域であろうと思います

今回は福島で震度四の地震となりましたけど、このまま収まってくれるといいですね

話はかわりますが、今日は沖縄でシーミでした

シーミーというのは漢字で清明祭と書く行事で、沖縄の大きなお墓に親戚一同集まって、お墓参りをして、ご先祖様に感謝する日となります

もしこの時期に県外から来られる方がいらしたら、路肩にたくさん車が止まっている風景を見られるでしょう

関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

3 件のコメント:

  1. シーミー。

    この時期に先祖供養をされるのは、沖縄独特の歴史と文化ですか?
    沖縄には過酷で複雑な歴史がありますね。

    あ、今思い出したのですが、私はその昔に踊りをやっていた事がありまして、当時所属していた団体が国交回復したばかりの中国に国賓待遇で中国を訪れる事が決まった際、

    何故か急に「沖縄舞踊を覚えなさい」という上からの指示で三人選ばれ、沖縄から琉球舞踊の先生をお呼びして、”四ツ竹”(両手で打ち竹を鳴らしながら、戦争で海を渡った恋人への女性の思いを舞う)という作品を中国の舞台で踊った経験がありました♫

    優雅な沖縄の着物(民族衣裳)を身に付け、大きな笠を頭に乗せて・・・。✿
    懐かしく思い出しました♫
    (^^♪

    返信削除
    返信
    1. 清明祭はもとは中国から渡って来た風習であったようですが、沖縄で独自に発展して言ったようです

      琉球舞踊をされましたか

      もとは中国からの来賓をもてなすために発展した踊りでしょうね

      削除
    2. なるほど!
      そういう中国と沖縄の縁の深さから、沖縄の方が託されて実現したのでしょうね。

      当時私は高校一年生で、歴史や政治にはあまり興味もなく、只々踊りが大好きで、嬉々として踊らせて頂いておりました♫

      今思うに当時の私は若すぎて、”四ツ竹”の表現に必要な、戦争に行った恋人の安否を思う女性の切なさや悲しさを表現するまでには、きっと行けていなかったのではないかとも思いますけど、

      でも懐かしい思い出です~。(^^♪ 

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます