2014年3月21日金曜日

スピリチュアルメッセージ 許すことと許されること



人を許すためには



人は、自分が他人にした不快なことは忘れて、他人からされたことはずっと忘れずに覚えてしまいがちです

人が無事に生きて成長するためには、様々な愛情を受けて育ってきています

それは育ててくれた両親であったり、直接してもらったことのある人だけではなく、歴史上のこの国を善くせんとして命を落として働いた偉人たちの恩恵を受けて現在の生活が成り立っています

大人となるまでに、様々なる恩恵と愛情を受けてきたことを省みることなく、当然と思い、他人と比べて足らざるを嘆き、不満を漏らしているのが私たち平凡な人間の姿であろうと思います

そして現状あることが当然と思い、人の欠点や足らざる部分を見ては批判し、攻撃してしまいます

自らの不足や、与えられた分を世に返していないことは棚に上げて、見もせず気づかずにいます

自身の山のような欠点は目に入らず、他人の欠点は針の先ほども許せず、目ざとく指摘するのが平凡な人間の姿でしょう

もし自らが過ちの多い人間だと気づいたならば、神に許しを請わなくてはなりません

自らが許されるためには、人をも許さなくてはならないのです

あなた方が他の人になした不誠実な行為を反省し、相手を傷つけてしまっていないか省みてください

生まれてよりこの方、いまだに人に迷惑を掛けたり、傷つけたことの無い人はいないでしょう

もし、自分は誰も傷つけたこと無いと言う人がいれば、その人は自らをまったく分かっていない人です

そうした人こそ反省が必要でしょう

未熟な私たちは、他人には許しを、自らは反省に勤めるべきではないでしょうか

自らが傷つけられたとき、なかなか相手を許せないでしょう

特に信用していたり、愛するものから裏切られ、傷つけられたときの痛みは、なかなか消えないものです

ですが時とともに許していくことが必要となってきます

それは相手を許すということだけでなく、否定的な感情を抱いていた自分自身を許すことに繋がってまいります

自分も他人も、大本では一体であるというのが霊的真理としてあります

ですので人を許せない状態というのは、自らの罪をも許せない状態でもあるのです

人を許すことが、自分自身をも許されることへと通じていきます

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

8 件のコメント:

  1. 自分を愛せない者が他人を愛する事はできません。

    他人を許せないのは、実は他人ではなく、自分が自分自身を嫌っている”罪悪感”からですね。

    反省する事と、罪悪感を持つ事は違うので、そこの所が難しいのかもしれないですね。

    返信削除
  2. 追伸♫

    今日のお写真の選択も、めっちゃかわゆい♫
    内容にマッチしていて笑えます~~~♫♫♫
    (-^〇^-)

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      画像気に入っていただいてよかったです

      うまく記事とマッチする画像を探すのは難しいです

      削除
    2. 画像探しのご苦労が忍ばれますが、気楽な(!?)読者側には楽しみの一つでもあります♫(^ ^)

      ちなみに画像のセリフはご自身で書かれるのですか~?(^^♪

      削除
    3. 探しがいがありましたね

      この画像のせりふはもう書かれているのを使いました

      削除
    4. そうなのですね~♪

      世の中には遊び心のある方が沢山いらして楽しい♫
      お茶目心に触れると、ホッと心が和んで、リラックスできて良いですね♫(^^♪

      お答えありがとうございました。_(_✿_)_

      削除
  3. この記事は、大変耳が痛いです。
    平凡な人間どころかダメ人間だな自分は。と思えてきてしまいます。ダメ人間な自分も許すことが必要なのでしょうね、そして他者様も許す、と。
    些細なことで心が揺さぶられたりします。
    でもその度、このメッセージを思い出したいと思います。
    素晴らしいメッセージをありがとうございますm(__)m

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      どういたしまして
      お役に立てて嬉しいです

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます