2014年2月9日日曜日

人混みでの憑依を防ぐには? 自己防御方法



先日は自己除霊方法を述べましたが、憑依されやすい状況で、なるべく防ぐ方法を書きます



人混みの多い場所に出かけると、人酔いとも言いますけど、気分が悪くなったり、発熱して、しばらくしたら治るという経験をした事のある人はいるでしょう

じつは、そうした人混みに行くと体調を崩される人は憑依体質で、霊的な感受性の高い方なのです

そうした体調を崩したときは、たいてい何か拾ってきていて、発熱して魂が不浄なものを自然に浄化させています

わたしも子供の頃より人の多い場所は苦手であったのですが、それが霊的な意味のあることはずっと大人になってから知ったことで、何故か理由が分からない人が多いと思います

このように人の多い場所や、病院などのパワーの落ちている人のいる場所へ行くときは、そうした不要なものを拾ってしまうことが多いでしょう

そうした時に、なるべく影響を受けないようにする・憑依を防ぐ方法について書きます

目を閉じて、自分の身体の周りを光の膜が覆っているのをイメージします

その光の膜がだんだんと厚くなり、強く光の結界で守られているのをイメージしていきます

「この光の結界の中にはネガティブな存在は入ってくることは出来ません。守護・指導霊様お守りください」っと宣言します

こうしてイメージしていくことによって、霊的に防御する力が強まってきます

人混みに行って体調を崩しやすい方は試されてください


関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. 憑依されやすい人は、何事にも「可哀想に・・・」と、同情心を持ってしまう人も多いと聞きました。(同情する事を違う角度から観ると、結構上から目線の傲慢さが含まれていたりします)

    やはり毅然とした心の姿勢が大事かな?と思います。

    返信削除
    返信
    1. ふつうの人間への対応と一緒で、頼まれたら断れないタイプだと、亡くなっている人でも頼ろうとする傾向はあるでしょう

      ただ逆に非情な人にも同類の霊に憑依されることがあります

      結局は本人の心の傾向性に合わせた霊を呼び寄せるということでしょう

      削除
    2. 全ては自分の鏡・・・ということですね。

      だから各自、自己責任の意識を持たなければならないのですね~。(-。-;)

      削除
  2. 人混みといえば・・・。

    私は昔から、例えば空いているお店に立ち寄りショッピングなどしていると、いつの間にか人で一杯になっている事がとても多いのですが、「この現象は何なのだろう?」と不思議に思います。

    あとガラガラの電車で席は沢山空いているのに、吸い寄せられる様に、わざわざ私のすぐ隣に座られる事も多く、それは私には、すごく不思議な行為に映ります。

    私は人間磁石?(笑)

    これは何から起こるのでしょう?

    返信削除
    返信
    1. たとえばその人が乗っていると魚がよく釣れるとか、あるいはお店に人がよってくるという人がいます

      昔話などでも語られていて、それは福をもたらすとされていますね

      ですので人間招き猫のような人がいるのですね
      お店などの客商売のところでは重宝されますよ

      削除
    2. そうなのですか~!?
      新しい自分の才能発見!?(笑)

      でもその才能は、何故か自分の事には作用しないのですよ~ッ。(笑)

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます