2014年2月19日水曜日

ペットの供養 イルカの来た星 動物の霊界と群霊 



ペットと人間の魂の違いとして、動物の魂は、比較的生まれ変わりが早いということがあります



亡くなってから数ヶ月や数年でまた別な動物の肉体に宿って生まれるようです

ですので、ペット供養というのもあるようですが、あまり意味は薄いかもしれません

むしろ人間側が悲しみなどを引きずって、悲壮な念を向けていると、足を引っ張ることになって、浄化の妨げになると思います

亡くなったペットが飼い主の近くにいて守っているという場合、未浄化な状態でまだ地上にいる場合もありますが、すでに浄化されていて、実際には霊界にいるのですが、飼い主を守ろうとする意識をキャッチしている場合があります

私のみた動物の霊界と思われるものは、人の住んでいない木造の広い家に昔飼っていたペットの犬がはしゃいで住んでいる風景を見ました

動物の場合は群霊と言って、霊界では魂のグループが一まとまりに集合すると言う話しを聞きますが、犬や猫の場合は個性化が進んでいて、個別の魂として存続しているように感じられます

イルカから人に生まれ変わるか質問がありましたけど、イルカは人に生まれることは普通は無いと思います

イルカは別の惑星の生物かについては、わたしもそのように思います

以前に人魚の星の話しを書いて、ジュゴンの原型のような生き物がいる話をしましたが、その星にはイルカのような生命もいて、地球にはその星から来たのでしょう

他の星から地球の人間に生まれ変わるというのも、基本的に文化的な生活を営んでいた生命が、地球に来て人間として生まれ変わるのが基本でしょう

見た目は動物のように見える宇宙人からの転生もあるでしょうが、言葉や文字を持つ生き物で、文化的な生活をしていたものがほとんどでしょう


関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

6 件のコメント:

  1. 今日の記事も、大変興味深く読ませて頂きました。
    ありがとうございます。
    <(_ _)> 

    この様な生命・魂の循環・由来が真実だとすると、
    「一体私達が学校で習って来た事は何だったのだろう???」(@_@;)
    との思いにもなります~。(-_-;)

    (そんな勉強の為に私達は受験戦争させられているのか~~~ッ!?(笑))

    教育制度も、私達が学校で教わる内容も、誰かの陰謀の匂い・・・否、臭いがプンプン致しますね~。
    (ー_ー)!!

    「ダーウィンの進化論は間違いである」と、最近色々な所で良く目にしますが・・・。

    学者や研究者や作家等々に、低級霊が閃き(ひらめき)として真実ではないものを与えたりして人間を真実から遠ざけ、私達を無知にさせる事が目的!?
    (゜∀。)

    返信削除
    返信
    1. 学者さんとか、世の中に影響力のある人には霊的な影響も大きいでしょうね
      自分たちの存在を知られたくない霊存在が誤った学説を広める手助けしてるのでしょう

      削除
    2. やっぱりそういうのは有るのですね~。
      私達一人一人が目覚めて、真実を見抜いて行かないと駄目ですね~。(ー_ー)!!

      削除
  2. もう一つ質問良いですか?

    良く「運気が下がるので、自分の家の庭にペットのお墓を作って(亡骸を埋めては)いけない」という霊能者がいますが・・・。

    真実を教えて下さい。

    返信削除
    返信
    1. 亡くなったペットのことを墓を見るたびに思い出しては悲しくなるならよくないですね
      飼い主にもペットにも両方です

      削除
    2. やはりそういう意味でしたか!

      洪様にハッキリとお答えを頂くと安心出来ます!
      ありがとうございました。<(_ ☆_)> 

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます