2014年2月27日木曜日

あなたが幸せを感じない4つの理由

ネットで見掛けましたブログ読者が好みそうな記事を以下に紹介いたします




あなたが幸せを感じない4つの理由

東洋経済オンライン 2月27日(木)8時0分配信
2013年の世界幸福度報告書(World Happiness Report)が発表されました。日本は43位。毎日、身を削りながら働いて、昇進して、年収とともに生活水準が上がっても、どこか幸せを感じられないときがあります。なぜ幸せを感じることができないのでしょうか?  私は30代になってから、強く幸せを意識するようになりましたが、劣等感の塊みたいな自分を嫌になるときがあります。だから、以下に幸せを感じない理由をまとめました。幸せを感じない理由がわかれば、幸せを感じる自分をいつでも取り戻せると思ったからです。
■ 幸せを感じない理由その1:比較するから
 視野が狭いとこんな感情に襲われることがあります。「彼のほうが俺より幸せな人生を送っているのではないか? 」。そう、他人との比較です。
 たとえば、あなたは年収が低いから幸せを感じない、ということはありません。1000万円、3000万円、5000万円稼いでいたとしても、満足できない人はいます。あなたは年収を上げたいのではなく、他人と比較して高ければそれでいいのです。生活水準が上がっても、他人も同じように上がっているなら、豊かさに関係なく幸せを感じないのです。
 昔、私は中国に住んでいました。私はそこで豊かさを感じました。おカネは稼げていなかったのですが、私よりも生活に不自由な人たちの生々しい光景を見たからです。日本に帰ってきてからは、豊かさを感じなくなりました。なぜなら周りも私と同じような生活水準だからです。この感覚から学んだことは、私がいかに他人との比較によって気分を決定していたかということでした。
 人は違って当たり前。他人は他人、あなたはあなた。一卵性双生児でさえ、外見や能力、考え方も違うということを忘れてはいけません。特に私みたいな劣等感の塊みたいな人間は。
■ 幸せを感じない理由その2:選択しないから
 私の友達には、やりたくもない仕事をしている人がいます。報酬がいいからです。私なんかよりはるかに高い報酬を得ているのですが、実はまったく幸せそうじゃありません。逆に私のことをすごくうらやましいと言うのです。なぜここまで心に格差があるのでしょうか?  自ら選択する機会が少ないからです。実は本人も認めています。
 たとえばテクノロジーサービスの導入を決断した企業の担当者は、労力を費やした自分のプロジェクトを失敗したと思いたくありません。当然ですよね。だから無意識にこのプロジェクトは正しい選択だった、成功した、と自分に言い聞かせる心理が働きます。自ら選択し、決断したのですから、自分を正当化するおなじみの心理です。
 子育ての例です。私は息子のご機嫌をとるために、彼が大好きなおもちゃを目の前にちらつかせ、無理やり遊ばせようとしたことがありました。一瞬、手に取って遊ぶのですが、すぐにおもちゃに対する興味を失ってしまいました。今度は、2つのおもちゃを目の前に置き、彼に選択権を与えました。彼は悩んだ末、片方のおもちゃを手に取ると、長い時間そのおもちゃと遊んでいました。
 他人から押し付けられるのと、自ら選択して何かに取り組むとは、月と蛍のように大きく違います。
■ 幸せを感じない理由その3:愛さないから
 愛する人に認められたい気持ちは誰もが持っています。私も強く家族に認められたいと心から思っています。
 仕事で成功しても人を愛していないと何か物足りず、心の能力が低下してしまいます。そして死ぬ間際にこんなせりふを言うのです「俺は成功して大金を手に入れたけど、結局、俺の人生は何だったんだ? 」。最愛の人を思い、愛することは、幸せを感じるいちばんの近道だと信じてます。幸せを感じる上位10%は恋をしていたときだそうです(参照元:エド・ディーナーとマーティン・セリグマンの調査)。
■ 幸せを感じない理由その4:今に感謝しないから
 きっとあなたは“今”に感謝しないから幸せを感じることができません。こう思うのは2つの理由があります。ひとつは、『いのちをいただく』(西日本新聞社)という本があります。本のソムリエ清水克衛さんのブログから教えてもらいました。すごく文字が少ないのですが、内容はすごく深いのです。「XXのいのちを私のいのちにさせていただきます、いただきます」と食材に感謝することを端的に説いています。いのちが支え合って循環していることがわかります。いのちの大切さがわかります。そして今を生きていることに感謝せずにはいられなくなります。
 2つ目は、この質問でした。あなたも真剣に考えてみてください。参照元が思い出せないので原文と少し変わっているかもしれませんが、こんな感じの質問です。
 質問:悪魔がやってきてあなたに言いました。「おまえのすべてを奪ってやる!  ただし、ひとつだけ残してやる、明朝までに考えておけ」
 さて、あなたは何を残してほしいと思いましたか?  カネですか?  愛する人ですか?  それとも、いのちですか? 
 あなたが幸せを感じられないのなら、それはきっと“今”に感謝していないからです。
瀬戸 和信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140227-00031616-toyo-bus_all&p=1

関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

5 件のコメント:

  1. こんばんは~
    質問の答えは、1つだけ選ぶなら”記憶”でしょうか…。自分が自分であることを唯一認識できるのは記憶ですし、今まで経験した嫌なこともいいことも記憶しているということは宝物だと思うんです。
    ああでも、”感情”も捨てがたいような…。
    私はかなり若い頃は感情よりも理性が重要で、感情は自分のコントロール下に置き常に冷静であること・時に感情を切り捨ててでも冷徹に実行すべきことを行うことを理想にしておりました。
    ですが、たびたび今世で経験したことはないのに、あるシチュエーションを彷彿させる映画やドラマの1シーンでなぜか涙が止まらなくなったり、心が痛くなったり、
    特定の音楽や特定の色にまで反応して涙が出てくるようになり、徐々に感情やハートの方が理性的であるよりも重要だと思うようになりました。
    昔は感情があまりなかった方だと思いますが今やずいぶん変わりました。この感情を得たことも宝だと思っています。
    なので私の幸せはハートが喜ぶことをすることです。
    今は休止してますがシンプルに絵を描くことが幸せだったりもします。

    自己満足ですがシンプルなことでも家族に喜んで貰えれば幸せです。
    頼まれ物はベストを尽くして最高のチョイスをすることが身上(笑)、そうですね、夕飯の味噌汁を作る場合もスーパーでベストを尽くして食材を選びますね…高価なものという意味ではなく。。。
    それで美味しいと言って貰えれば十分幸せです。
    以前かなりの激職で会社で徹夜は週に2回はザラ、毎日終電で帰宅、土日も出社という生活を10年ぐらい続けてました。
    結局病気になって辞めたのですが(むしろそのおかげで退職できたとも)
    私はお金より自分の時間の方が大切だと感じています。収入は減ろうが、のんびり暮らせる今のほうが全然幸せです。

    昔流行った、はっぱ隊の”YATTA!”の歌詞の世界でも十分私は幸せ感じますw

    葉っぱ一枚あればいい生きているからLUCKYだ

    返信削除
    返信
    1. 時々思い出さないといまに感謝することを忘れてしまうかもしれませんね

      いつのまにか当たり前と感じてしまいます

      削除
  2. 「”幸せ”などというものは、お天気の様に一瞬で変わる不安定なもの。
    そんな幻想を負うから不幸なのである」

    と、昔、何かの本で読みました。(笑)

    ”幸せ”を探しているうちは幸せになる事は難しい。
    そんなものを期待せずに、”この一瞬一瞬に気付いて生きる事”が大事ではないかと思います。

    ”良いもの”を作れば、自動的に”悪いもの”を生み出す事にもなり、
    ”好きなもの”を作れば、自動的に”嫌いなもの”も生み出しますね。

    ”自分の私情でものを観ない=俯瞰でものを観る”という訓練も大事な事かもしれません。(お釈迦様はそれを”正見・邪見”と仰いましたね~)

    なかなか私達人間には難しい事ですけれど・・・。

    因果応報を正しく理解すれば、起こる事全てが完璧なのだと理解できる。
    それを理解できたら、良い事も悪い事も(そう判断するのも視野の狭い人間の、勝手な思い込みだそうですね)、全てに感謝できる様になる。

    そこに来れたら、人は皆自動的に幸せになっている気がします。(笑)(✿.✿)~♫

    返信削除
    返信
    1. おそらく老荘思想系統の本でしょうね

      頑張りすぎている人に休息や息抜きを与えるものとしてはよいですね

      ただそのままを肯定していると何の進歩も、生まれてきた意味もなくなりますので、人により合う合わないのある思想でもあります

      削除
  3. そうですね!
    人それぞれの道順がありますね。

    万人に”正しい道”というのはなくて、やはり人それぞれなのだろうなぁと思います。
    (^^♪

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます