2014年1月31日金曜日

万能細胞とアトランティスの秘密 【小保方晴子・若山照彦・ES細胞やiPS細胞に続く第3の万能細胞STAP(スタップ)細胞】



嬉しいニュースが飛び込んできました

小保方晴子と若山照彦さんらの共同研究チームが、第三の万能細胞の作成に成功したというニュースが流れました



特に小保方晴子さんは女子力の高い”リケ女”として一躍ネットで話題になったようです

万能細胞というのは何かというと、身体のどの器官にもなれる細胞ということで、たとえば破損した指や足などの身体の一部を、トカゲの尻尾のように再生出来たり、機能の衰えた内臓を再生してしまうという可能性のあるものです

現在では失った体の一部は、義手や義足などで置き換えたり、内臓であれば、人工内臓(人工心臓とか)や臓器移植に頼っていたのですが、それらを万能細胞を用いて再生してしまうことが出来ると期待されているのです

いままでもES細胞やiPS細胞など万能細胞はあったのですが、それらは作成に長時間要したり、遺伝子を操作しなくてはならないなど、作業がたいへんで、簡単に作り出すことが難しかったのです

それが今回のSTAP細胞というものでは、リンパ球を溶液に浸すだけという、極めて簡単な作業によって万能細胞を作り出すことが出来るようになる画期的なものです

あまりに簡単な作業によって作り出されるため、はじめの科学誌への投稿では信じてもらえずにボツになったようですね

今回の成果により、万能細胞の実用化が飛躍的に向上したといえるでしょう

日本の”リカ女”がノーベル賞を受賞する日も近いのかもしれません

ここから話は一万年以上前に飛びまして、アトランティスの話し

以前になんどかお話しした事がありますが、アトランティスでは、宇宙からの技術供与を受けて、遺伝子操作が盛んに行われておりました

そうして遺伝子操作によってあらたに誕生した生命。新たな人類ともいえる労働者階級として生まれた方たちがいました

彼らを過酷な労働に従事するために生み出していって、まるで自分たちが神になったかのように錯覚した者たちがいました

それに対して、アメリカでかつて黒人の奴隷解放があったように、彼らを人間として等しく愛するべきだという人たちが現れました

この二つの勢力は対立し、やがて愛を説く集団は、弾圧されて四散してしまいます

そのうちの一部はエジプトに脱出したのですが、それと時期を違わずしてアトランティス大陸は滅んでしまいました

エジプトへと逃れた人々が携えていた技術の一部に、遺伝子操作技術と、今回の万能細胞の研究と繋がる再生医療の技術がありました

アトランティスからエジプトに逃れた人々のうち、遺伝子操作によって、動物の性質が入った人の身体を、普通の人間の姿へと戻す技術もありました

今回のニュースも未来を開く明るいものではありますが、それによって人間が驕り高ぶって、科学技術礼賛の風潮となり、神様や霊的なものを蔑ろにするようになるのであれば、アトランティスの二の舞になる可能性もあります

科学技術の発展は、人々への幸福の増進に役立つ面もありますが、その分責任が増して行き、現代文明が正しいか悪であるかの判定を下されるようになるでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

5 件のコメント:

  1. 素晴らしいですね!
    彼女も美しいですが、彼女のエネルギーの源にある 「人のお役に立ちたい」 という志しも美しいなと思いました。~☆

    ここに来るまで、きっと色々なご苦労やご努力がお有りだった事でしょうね~。
    是非華々しいノーベル賞を!と願います。

    遺伝子操作は神の領域と私は思うので、扱う人は人格者であって欲しいですが、この世には邪悪な性格の者もいる様ですから難しい・・・。

    人々の幸せや感謝に繋がる方向に利用されます様に・・・☆と思います。

    返信削除
    返信
    1. 開発されたものは、開発者の手をはなれて、利用者の手にゆだねられるようになりますからね

      アトランティス末期と同じようにジャッジの時に地被いているのかも知れません

      削除
    2. 遺伝子操作や原子力等、それを扱えるレベルにまだ人間のレベルが追いついていないと言われていますね。

      幼児にナイフやピストルを与える様なものにならないで欲しいと思いますが・・・。

      物には使い方次第で、良くも悪くもなるという両面がありますが、道が逸れる時は、必ず人間の邪な欲望からですね。

      削除
  2.  今回の小保方さんの問題については、多少、困惑しています。

    仮に、このSTAP細胞の再実験が成功し、その細胞の存在が
    裏づけされたとしても、画像の転用、他者の論文の引用など、
    これらの疑惑が事実であれば、研究者としては、
    失格なのではないかと思われます。

     万能細胞による治療を待ちわびる多くの患者にとっては大変、複雑な
    気持ちであるはずです。

     某ニュース番組で山中教授が彼女に対して、協力を呼びかけたことを
    思い出します。最後に寛容な心で見守りましょうと発言されていました。

     この実験の真偽についてどう思われますか?。

     私は、正直なところわかりません。
    彼女を責めるつもりもありません。ただ、今は、静かに今後の成り行きを見守りたい。

     最後に、この地球に無条件の愛が注がれ、すべての方が次元上昇(アセンション)
    されることを願います。

    返信削除
    返信
    1. 真偽については、今後の推移を見守ったほうがよいと思います

      再現が成功するかどうか今しばらくかかるでしょう

      それと今日の記事に今回のことについて書きましたので、よろしければ参照ください

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます