2017年10月7日土曜日

ヒトラーの恐怖の予言と宇宙人との密約


ヒトラー率いるナチスドイツと宇宙人の関りについて以前に書いた記事を再アップいたします
第二次世界大戦中のナチス・ドイツは異常なまでに科学技術が発達しました

「世界初のテレビ放送開始」「ラジオの普及」「テープレコーダーの実用化」「公衆テレビ電話の開発」「未来の超高速列車リニア・モーターカーの基本技術の開発」「世界初の汎用コンピューター『Z4』の開発」

軍事面では、「実用ヘリコプター」「ジェット戦闘機メッサーシュミット」「ステルス爆撃機」「ロケットミサイルの開発」

このように異常とも言える様な発明や科学技術の発展がなぜか起こっています

ナチス親衛隊“SS”の隊長であったオカルティストのヒムラーは、「ヴェヴェルスブルク城」の地下にある秘密の部屋をつくり、チャネラー(霊と交信する者)と共に、ナチス幹部たちは、64光年離れたアルデバラン星人とテレパシーで交信し、UFOのテクノロジーを受信したと噂されています

実際にどこの星人かは分かりませんが、宇宙人との密約を交わし、科学技術の供与を受けていたのではないかと言われています

一説には密約を交わしたのはレプティリアンという種族で、彼らは人間の血を好み、彼らに見返りとして生贄を差し出すために、ユダヤ人を捕らえたという人もいます

ヒトラーの予言として以下のような内容が語られています


2039年1月、人類は地球からいなくなっている。

1月以降、人類は、神のほうに進化し「神人」になる者があらわれる。

彼らは数次元以上の知能と能力をもつ、あらゆる危機や問題は『神人』が解決してくれる。

残りはただ操られ、働いたり楽しんだりする完全に受動的な「ロボット人間」と化している。「ロボット人間」は「神人」の言いなりになって気楽に生きていける。

2089年から2099年にかけての予言

「完全な神々だけの世界」と「完全な機械化生物」だけの世界に分かれた世界ができあがる。地上には機械化生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになる。


上記の内容を見ると、神々として君臨する宇宙人(もしくはその代理の人間)と、それに従属するように遺伝子操作された人々の世界というのが感じられます

地球に対して、そうしたネガティブな計画を持った存在(宇宙人)がいるということです

人類に代わって、神人として支配しようとする者たちもいるのですね

ヒトラーは予言したというより、そうした存在からの情報を得ていたと考えられます

宇宙人には、人類に光をもたらす存在と、闇を投げかける存在とがいます

世の中には宇宙からの情報を発信している人々がいらっしゃいますが、その多くはネガティブサイドからの情報を配信していると思われます

人類は宇宙人によって創られた。その宇宙人を迎え入れようとする組織もありますが、ネガティブサイドの宇宙人に動かされているものがあります



↓ブログランキング参加しています。応援クリックいただけたら幸いです

スピリチュアル ブログランキングへ

6 件のコメント:

  1. 今回の内容、めちゃくちゃリアルですね!
    もし真実だとしたら、私たち一般市民は何も真実を知らずに、長年ノーテンキに過ごして来たという事で、何か複雑な気持ちになります。

    ドイツに限らず、アメリカのひた隠す宇宙と宇宙人に関する機密情報を、スノーデン氏が人々の為に公表しなければ!と焦燥感を持ったというのが真実ならば、その心境、何か解る気がして来た!?
    (;゚Д゚)!

    ちなみに最近は霊能者といい、宇宙人とか霊体エネルギーとか、予言・透視、もろもろ含めて、ブログでも本でも生身の人間も、

    あっちでもこっちでも、「これが真実!」 「いや私の伝える事こそ真実!」と言い合っていて、まるで狐と狸の化かし合いの様になっていますが、

    例えば供様が、ご自分にメッーセージを下さる方(という表現で良いのでせうか?)を信頼して良いという確信・判断できる目安を、供様の経験からアドバイス下さいますか?

    多分こういうのは理屈ではなく、感覚になるのでしょうが、やはり最は
    ”自分を信じる”に尽きるのでしょうか?

    From 悩める乙女♪ (-_-;)

    返信削除
    返信
    1. ブログに載せているメッセージについての判断は

      感覚的な面として光や愛の波動を感じるかとうのもありますが

      理性的にそのメッセージがしっかりした思想のバックボーンがあり、
      論理的に一貫しており、高度な認識力を持っていると判断しました

      もっともらしいことを言っていても、継接ぎだらけのものであったり
      中身を要約してみて幼稚な内容でないかなど判断材料になるでしょう

      受け手の側が認識力や理性が弱かったり、自惚れがわずかでもあると、
      判断するのは無理なのだろうと思います

      削除
    2. お答えに感謝致します。
      とても参考になりました。

      理性と感性のバランスはとても大事になりますね。

      いつでも自分の感情に振り回されない理性を持つ事。
      クールに自分を見つめる視野を持ちたいと思いました。

      削除
    3. 追伸♪

      霊能者の方を始め、平凡な私達でも話す事に矛盾が無いか、一貫性が有るかは大事ですね。

      体外その場しのぎで、コロコロ意見を変える媚びた霊能者や人間が殆どですが(相手から何かを得る為か、自分の保身の為なのでしょう)、

      そういうのは必ずどこかでつじつまが合わなくなる。

      けれど当の本人が気付いていないケースを、私は結構沢山見て来て、色々勉強させてもらいました。

      そういうのを見た時は、私はいつも自分に 「そういう自分はどうか!?] と自問自答するのでした。
      (誰しも自分の事が、自分では一番分からないものです・・・)

      でも分からないだけでは駄目で、やはり正しい”眼”=正見も持てなくてはなりませんね。

      精進致します。

      削除
  2. スピリチュアルランキング上位者でも、ネガティブサイドの方は、いらっしゃるのでしょうか?
    何となく、読む気にならないのは、自身の本能的に嗅ぎ取っていると思っていて良いのでしょうか?

    返信削除
  3. なるほどなるほど
    ヒトラーに情報を与えていた闇サイドの目標がわかりました
    地球人類を隷属・従属・魂のぬけがらのようなロボットにして従わせることが目的っぽいですね
    そのメリットってなんなのでしょうね
    究極の最終目標は悪魔のトップに力をあたえることなのでしょうか
    そうとも知らずに闇サイドの手下たちは働いてるような気がします

    それに比べて光の存在達は私たち地球人類に
    愛と自由と光と真実を伝えるためがんばっていらっしゃるようですね

    最終目標は魂の成長と神が神を育て神が神をつくることが目的なのかな~?
    な~んて勝手に想像しちゃいます

    このブログ大好きです!
    がんばってください!

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます