2013年12月27日金曜日

靖国神社の参拝について 安倍首相



安倍首相が靖国神社に参拝したことで、その賛否がいろいろと議論されているようです

海外からの反響はネガティブなものが多いようですが、総理のフェイスブックなどではいいね!がたくさんで肯定的な意見が多いようですね



そこで政治的な見解は別として、霊的な視点から靖国を考えてみます

靖国神社は明治から戦争で亡くなられた方を祀る神社として存在しています

戦争で亡くなった軍人等を慰霊するための施設は、たいていどこの国でも存在しており、アメリカではアーリントン国立墓地が有名です

戦争というのはどちらの側の人も、敵兵を自らの手で殺め、そして殺されるという悲惨な状況が大規模で起こるのであり、それについて何らかの形で慰霊するという行為は当然あろうかと思います

霊的に言えば、すぐに浄化される魂ばかりではなく、亡くなられてもいまだに戦場にいるような境地の魂も多いでしょうから、そこから救済するためにも、多くの人の慰霊の念をお送りするということは必要でしょう

実際にそうした人々の念により浄化が早まるのだろうと思います

それについて国家の代表である総理が参拝されるというのは、慰霊を国民全体として行うという意思を示すということで慰霊のためには有効な行為だと思います

ただ諸外国からの批判が出てきているのは、戦没者をすべて神様として祀る形式が理解できないというところもあろうかと思います

前述しましたようにたいていの国で慰霊する施設というのはあるわけですが、日本の靖国のように、戦没者を神様として祀る国は他に無いのではないでしょうか

日本ではたとえば左遷されて恨み心を持って亡くなったと思われる菅原道真が、怨霊として祟りをなしていると考えて、太宰府天満宮で祀ることをしています

このように怨霊を鎮めるという機能も、神社を作って神として祀るという行為にはあります

これは日本固有の考えと思ってよいと思います

そうした戦没者を神として祀るという行為が日本では慰霊の意味も含まれているわけですが、諸外国には文化の違いによって理解しがたい面としてあると言えます

靖国神社は明治期に作られたわけですが、その頃は廃仏毀釈といって仏教等は否定され、神社等に作り変えられたりしていました

実はそうした思想的な偏狭な部分が、諸外国から批判されたり、バッシングされる遠因となっていたと思います

もしも明治維新で仏教などにも寛容な政策を採っていたならば、慰霊は仏教が得意ですから、靖国に変わって仏教式に戦没者の慰霊施設が出来ていたかもしれません

そうなれば海外からの批判というのも無かったか、今より少なかったでしょう

廃仏毀釈のような偏狭的なナショナリズムが諸外国から批判的に見られていて、それが敗戦でゆり戻しがありましたが、いまでもあるところを感じ取られて批判を受ける元となっているように思われます

そのような日本に向けられた批判的な念や、日本の国民自体の自虐的な意識等は、戦没者の方の浄化を遅らせる原因となるかと思われます

関連記事




ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

13 件のコメント:

  1. ほんとうにおっしゃる通りだと思います。

    結局のところ 立場や主義が違う中でもお互いに相手方を理解しようと思いやる心がなければなりませんね。

    日本の拉致問題などは、過去の強制連行の償いだと思っております。

    過去に端を発していますね。

    また学びになるお話を期待しております。

    返信削除
    返信
    1. こんばんは

      参考になる意見が書けたなら幸いです

      削除
  2. こんばんは!

    余談ですが私は今年、大宰府天満宮と非常に縁のある亀戸天神(自宅から歩いて行けます)で、ちょっと神秘的な体験をいたしました。(☆。☆)

    なので、菅原道真さんに付いていつかお伺いしてみたいと思っていました!

    彼の魂は浄化されているという説と、封印されたのだという説があり、どちらなのかな?と知りたかったのです。

    今日の記事を読むと、悟られて浄化されていて、今は彼の魂は穏やかだとしたら嬉しいです。

    怨霊になるほど恨みを持ったという事は、彼はとても純粋な部分を持っていた裏返しなのかなぁ?と思ったりもします。
    (純粋な人ほど、反対に行った時には恐ろしいと聞いた事があります。)

    返信削除
    返信
    1. こんばんは
      これだけ全国から学問の神様として祀られておりますので
      すでに浄化されて神格化されているのだと思います
      頭のよろしいかただったのでしょうね

      削除
    2. あぁ、そうなら嬉しいですね!
      私は一年前に九州を訪れた時に、太宰府天満宮に行きました。

      お参りを終えて、帰り際にお太鼓橋を渡っていた時、ふと池に目をやると、池の中の芸術的な岩の上に大きなアオサギが立っているではありませんか!

      あまりに絵になる光景だったので、最初は「置物!?」と思いましたが、時折ソロリと足が動くので「本物だぁ~!!」と感動して、思わず写真のシャッターを押しました。(アオサギさんの奥には、こちらにお尻を向けて、のんびりと甲羅干しする亀さんも ♪ )

      普段あまり写真など撮らない私なのですが、撮れた写真が何だかとても好きで、その写真を見るといつも気持ちがほのぼのするので、「沢山の方に観て頂けたらなぁ」と思っていた所、ある方から「太宰府さんに送ったら?」とアドバイスを頂いたので手紙を添えて、社務所宛に送ってみた所・・・

      ナント太宰府の神官様から「良い写真が撮れましたね!神様にご報告致しました。」と、とても丁寧で美しい直筆のお手紙を頂き、ビックリしてしまいました!

      とっても嬉しかったので、お礼のお手紙を書いて投函したその足で、太宰府ととても縁のある近所の亀戸天神様に、お礼参りに行きました。

      お参りを終えた帰り際に、やはりお太鼓橋から何気なく池に目をやると、ナ・ナ・ナント・・・! 池の中の石の上にアオサギが!!!

      その偶然に驚き、そしてとても感動してしまいましたッ。
      今年の真夏の出来事でしたが、アオサギさんのいる真上に大きな太陽があり、それが川面に反射してキラキラキラキラ映っていたのが、とても印象的でした。

      (天照大神様からメッセージを頂いた様に感じました)

      以上、私のちっちゃな神秘体験でした。~☼

      削除
    3. アオサギは菅原道真公の幸魂をあらわしていたのかもしれませんね

      ヤマトタケルは亡くなった後に白い鳥になって飛んでいったと伝承がありました

      削除
    4. 何か嬉しいですね~!♫
      鳥は神様のお使いとも言いますね。

      ちなみにその後秋になって、ある日私はふと天神様に行きたくなってフラリとでかけた時、お参りを終えて帰ろうとすると、

      又々アオサギさんが(まるで私がお参りを終えるのを見計らう様なタイミングで)飛んで来てくれたのが、二回も続きました!

      写真を撮りまくる私に、物凄い至近距離にアオサギさんの方から歩いて寄って来られたり、

      極めつけに、最後は今度は天から鴨軍団様が池に舞い降りられたりしてビックリでした!
      私、菅原道真様に気に入られているのでしょうか?(笑)

      今まで私は仕事もヨーロッパに縁があり、どちらかというとキリスト教に惹かれている様な所がありましたし、神社などは初詣に行く位でしたのにねぇ・・・。

      これもご縁なのでしょうね~。

      削除
    5. 鴨軍団ですか
      聖フランチェスコの逸話のようですね
      なぜか私のブログを読まれている人に
      鳥が集まってきたり、お話しするようにさえずったりという報告を聞きます

      おそらく聖フランチェスコつながりのご縁があるからなのかもしれません

      削除
    6. 私の前世は、「ヨーロッパでキリスト教の修道女のリーダー的存在で、結構大きな貢献をして沢山の人を救った」と言われた事があります。「

      私は以前にヨーロッパの人と結婚した時に、夫になる人が子供の時に洗礼を受けて小さい頃から通っていた教会で式を挙げたのですが、

      (彼もその時に知ったのですが、)その教会の名前がナント!私の名前と同じだったのです。(サン=セント ○○○)

      私の名前はヨーロッピアンなので。(今は日本でもポピュラーになりましたけど・・・。)

      その事を私の前世を話した人に伝えたら、「それは貴女が建てた協会です。」と言われました。

      あまりに出来過ぎなお話しなので、私は話半分に聞きましたが・・・。(その後、彼とは数年で離婚しましたし!? 笑)

      前世キリスト教信者だった時の名残りで、今世の私は”鉄の女”と言われるほど(笑)貫く意志が強い反面、

      キリスト教信者独特の、自己に厳しい故の”頑なさ”=角ばった所を円くする修行が、今世で行う勉強だとも言われました。

      それを言われる前から、初期仏教に偶然縁が有ったり(私の場合は本からの独学)、今は古神道に惹かれたりするのは、
      自分の視野を更に広げる為のご縁なのかもしれないですね。

      私の道順は西洋から東洋へ。
      どちらも理解できる、視野の広いバランスの取れた人間になりたいものです。

      削除
    7. 追伸♫

      昨年の真夏のすンごい暑い日に、、亀戸天神様に行った時の話なのですが、

      そのキッカケも面白くて、前日インターネットで別の件で色々検索しているのに、何故か菅原道真さんがやたらと画面に現れて来られて・・・。

      次の日の朝もそうだったので、何か呼ばれている様な気がして、その日は何の気なしに出かけたのですが、

      その日の天神様は生命力に溢れた、不思議な空間でした。
      季節外れだというのに、何故か藤の花が美しく咲いており、

      又、沢山の鳥達(雀やカラス=カラスは神道では神様のお使いで有名)がいて、私、雀があんなに仲間と草で生き生きと戯れるのを初めて見ましたし、

      カラスが物凄い至近距離で私を出迎えてくれたり、トンボや蝶々もつがいで戯れる、何とも不思議な空間でした!

      そこでたまたまお参りに来ている人とお話しをしていて、「太宰府さんに写真を送ってみたら?」とアドバイスを頂いたのです。

      削除
    8. 今は統合の時代ですから
      西洋も東洋も日本も統合して向上していきたいですね

      削除
  3. はじめて訪問させて頂きます。障害のある息子の母です。
    現在、総務大臣をされている新藤先生の呼びかけで、2010年にはじめて靖国神社を参拝させて頂きました。私のブログでは 神殿で英霊にあったのかもしれない・・と書きましたが、神殿でサーベルをつけた方から、正座の仕方も拝礼の仕方も指導を受けたと片言で教えてくれました。靖国を行進するたくさんの人を見ていたと話していました。記念館では たくさんの霊に会話を求められて困ったのか、はやくでたいと話していました。
    それから毎年、靖国で行われる 奉納相撲に息子と2人で行っています。
    サーベルをつけたあの方やたくさんの英霊たちと みんなで相撲をみることがとても楽しいのだそうです。そしてこの奉納相撲には沢山の外国人も観戦にみえます。とても国際的な空間になります。
    今日が 戸籍上の私の誕生日で、そんな日に、同じような思いをされて この世に生まれて来た方とであえて、とても幸せに思います。
    私は 青森県むつ市の出身です。みなさんがご存じの 恐山のふもとで生まれました。ですから、沖縄と同じように 私たちも 祖先の霊がいっしょにいることは自然なことなのだと思って育ってきました。
    不思議体験は 不思議なほどたくさんあり、苦しむことも多くありましたが、いまは その体験から得ることも多くあります。
    積極的な平和活動は この国だからこそできる事だと思っています。

    これから ゆっくりと読ませていただきます。ご縁に感謝します。
    私たちのブログの 靖国参拝の時の記事です〜一般の方に怖くないようにできる限り内容を軽くして掲載しています。
    http://madonna-dream.blog.so-net.ne.jp/2010-04-18

    返信削除
    返信
    1. こんにちは
      明けましておめでとうございます
      数あるブログの中で縁あって出会えましたことを感謝いたします

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます