2013年11月9日土曜日

食材偽装表示問題の意味するもの



ホテルのレストランから百貨店まで、食材の偽装が次々と発覚しています

特に高級店やブランド力のある店舗などで行われていたことでショックは大きいのかもしれません


ただ、こうした食材の偽装については前々から様々な噂はありました

今回の発覚した店舗の問題は氷山の一角なのでしょう

ちょうど日本では放射線についての恐怖感を煽る情報などで食の安全に意識が向いている時期でもあります

こうしたなかで発生する今回のような偽装問題は、人々が不安や不信の心持でいるため表出しだしたのでしょう

人は地位や名声、肩書きなどで人を判断しがちで有りますが、そうした他人が評価したものだけで判断するのではなく、ほんとうに自分で判断を下していかなくてはならないと思います

今回の食材偽装問題も、人々に看板や肩書きだけでは本当のことは分からないことを教えてくれているのでしょう

真に良いものであるか悪いものであるか、各自が感性と知識を兼ね備えて、本物を見抜く時代へと移らなくてはならないのだと思います

関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます