2013年10月31日木曜日

山本太郎タレント議員の暴走



今日は秋の園遊会において天皇陛下に直接手紙を渡したそうです

これは天皇陛下の政治利用となる行為であり、彼には常識的な行動が出来なくなっていることを現しています



先日は伊豆大島にボランティアと称して行き、カメラスタッフが『人を殺したくて自衛隊に行く人もいるんですかね?』と復旧作業に勤しむ自衛隊員の方を蔑むような発言をして物議をかもしていたところでした

さらに過去には「ベクレてる(放射能汚染されている)んやろなぁ、国会議員に出すお弁当は」などとご自身が述べ、デマによって苦しんでいる福島県民をさらに痛めつけるような発言をしています

彼のやり方は恐怖心など人々のネガティブな感情を扇動して支持を集める手口で、間違った霊能者と同じ手法です

山本太郎は選挙でも中核派の支援を受けており、思想的に中核派と通じているのでしょう

ちなみに中核派という団体は共産主義を信奉する組織で、仲間割れした者を殺害したり、何の罪も無い一般の人までテロの被害にあわせて、自分らの望む北朝鮮や中国のような無神論の独裁国家に日本をさせようとする組織です

犯罪性や思想的な危険性などからオウム真理教と同等な組織と言ってもいいでしょう

山本太郎はそうした組織と通じており、最近ますます暴走の度が増しています

ちなみに、中核派などの共産主義に通じる思想団体は、反原発や基地反対を訴えておりますが、それらは国民のためを願ってではなく、日本が防衛力を失えば、必然的に朝鮮や中国の意のままに隷属する国家となることがわかっているからです

中国などの配下に日本が置かれれば、日本も共産主義化されると考えて、それゆえ日本を弱体化させるためにしているのです

彼らは日本国民の安全や平和を望んでいるのではないということは知っていなくてはいけません

山本太郎氏を応援していた者たちも、中核派やオウムを支援したのと同罪の亡国の民であると思います

関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます