2013年10月26日土曜日

苦手な人を許すこと 【夢日記】


夢の中である知り合い(A氏としておきます)が、私の悪口のようなことを壁に書いていました

書かれているのは一方的な言い分で、私のほうが被害を受けているのになっと思いながら黙って離れました


そして家に着くと、また別な知人(B氏)が、私の家に犬をけしかけて、部屋を荒らしたので犬を返しながら苦情を言いましたが、自分ではないと他の人の責任に擦り付けていました

この夢に出てくるA氏は、現実でも私のほうが被害を彼から受けましたが、ご自身が被害者のように言うところがありました

またB氏は私たちの家族に多大な被害を負わせてそ知らぬふりをしていました

こうした現実の関係があってそれがそのまま夢となって現れているのですが、私は夢うつつのまま夢の内容を分析していました

私自身も周りの人に迷惑や苦労をかけさせてしまっているところがあるのに、被害者のような打ちひしがれた意識を持つことがあるのではないかと思いました

そうした意識をA氏やB氏の姿として投影して見ていたのではないかと気づきました

つまり自分自身にもいくらかあるそうした姿勢を、夢の中で知人の姿として垣間見ていたのではないか

両者にたいして表面意識では許すつもりでいたのですが、許せない部分が心のどこかにまだ残っていて、それが出てきたのだともいえます

両者を許せないと言うのは、自分自身のそうした負の部分を受け入れられていないと言うことでしょう

A氏とB氏を心底許していくことが、自分自身を許していくことにつながるのだと感じました

半分眠りながらそうした自分が今見ている夢の分析をしたりいたします

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます