2013年9月5日木曜日

竜巻と豪雨の霊的意味


先日は竜巻の発生があり、豪雨も各地で起こっています

霊的な意味としてあるのは、竜巻は波乱を意味していると言えます



竜巻は大きな風がおこってかき回されるわけですけど、世の中でもかき回されるような出来事がおこるのを暗示している場合があります

日本の政界や社会全体に混乱やかき回される事態の起こることを現しているのでしょう

豪雨がおこっていますけど、こちらは浄化の働きといってよいのではと思われます

世の中に汚れが貯まっている、それを洗濯し押し流して綺麗にしなければならない

そうした天意のあらわれとしておこることがあります

世の中に起こる現象は偶然によってもたらされるのではなく、何らかの意味が潜んでいると考えれば自然現象にも意味があると言えます

関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 興味深い記事の発信、いつも有り難う御座います。

    この記事、転載させて頂きました。(時々、断りも成しに転載させて頂いていますが、ご容赦!)

    昨日、今日の(阪神地域しか知りませんが)快晴は、おっしゃるように、“浄化”の後のスガスガしさがあって良い感じデス。(一昨日の土砂降りの後、夕方、大きな虹が空に出たようです。私は家に居て気がつきませんでしたが、知人に写メを見せてもらいました。)

    それと昨日は、朝から心配していたことが一つ解決(電話で朗報が飛び込んで来ました!)したり、“仕事”がはかどったり、個人的にもちょっと佳い日でした。

    「乙女心と秋の空」と云いますが、乙女じゃなくても、天気と連動して一喜一憂しております(笑)

    沖縄も台風で大変だと思いますが、最近の沖縄方面の台風は中国船を蹴散らしてくれる「神風」の役割も果たしているようなので、頼もしく感じてしまいます(笑)

    まだまだ沖縄の空行きも心配ですが…

    洪さんと「沖縄」には、佳いことがたくさんありますように!

    返信削除
    返信
    1. こんにちはありがとうございます

      沖縄も曇り取れて快晴になるとよいですね

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます