2013年9月21日土曜日

お金の価値が減っていく世界と増えていく世界 


通貨・お金が価値を減らさずに、かえって価値が高まる社会では何が起こるでしょうか
(つまりデフレ下にある日本をさします)



それは前回の記事で述べたように、みんながお金を使わなくなるため、景気が悪くなります

景気が悪いと言うのは、仕事が減って、失業者が増えていきます

そのように景気への影響がありますが、それ以外について述べてみます

お金を持っている人は、何もせずお金を持っていることで得をしていきます

つまり、お金持ちは何も努力しないことで得していきます

逆にワーキングプアと最近言われだしていますが、貧しい人は働いていてもどんどん貧しくなっていきます

それがもしインフレになり、お金の価値が減っていくようになったらどうでしょう?

お金持ちは、ただ何もせずお金を持っているだけでは年々価値が減っていくため、積極的に投資をしたり、インフレ率以上の利益を出すように努力するでしょう

そのなかでより以上に儲けるお金持ちもいれば、損をする人も出てきます。何もせずに努力しない人は少しずつお金の価値を減らしていきます

また貧しい人は、仕事も増えていて努力して働くことでお金を儲ける事が出来るようになるのです

通貨・お金が価値を増していく社会では、努力が公平に報われない社会となってしまいます

努力が公平に報われる社会を作るためには、通貨・お金が少しずつ減価していかなければなりません

あまりにお金の価値が激しく減っていく世界(ハイパーインフレ等)では、富の蓄積が意味をなさず、人は努力して勤勉に働く意欲を無くすでしょう

世界はバランスを持って成り立ち、釣り合います

豊かさやお金持ちを否定するような社会では全体が貧しくなっていきます

逆に持てる者が優遇される社会では、全体的に社会が停滞し、公平さが無くなり、貧富の差は激しくなっていきます

これらの両端の偏った社会を私たちは何度も世界的に経験してきたのですが、それらのバランスをとって社会を発展させていくためには、適正なインフレにより運営していくことが必要だと考えます

自転車の運転で前に進んでいくと左右に倒れなくなるように、社会がある程度の速度で進んでいくこと、これがインフレであることが必要であると思います

富を否定して全体が貧しくなるのも、また、社会が停滞して貧富の差が激しくなるのを避けつつ、バランスを持って進んでいくことが理想社会の実現にはつひようとなることでしょう

関連記事





ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます