2013年9月29日日曜日

私の役割と良き知らせ


高校時代はよく本から仏教哲学やインド哲学に触れていました

そうしたなかで私は勝手に、日本にお釈迦様の光は再臨するのではないかと根拠も無く思っていたのを覚えています



『主の道を備えよ、その道筋をまっすぐにせよ』という言葉が聖書にありますが、スピリチュアリズムなども真理を説いて道を整える運動であったのではないかと思います

シルバーバーチやホワイトイーグルやアラン・カルディックなど霊界通信がおこなわれて様々なことが語られてきましたが、キリスト教圏で語られた当初は、転生輪廻を否定する通信もあったようです

それが徐々に輪廻を認める通信となっていき、「前世を記憶する子どもたち」のイアン スティーヴンソンや、「前世療法」のブライアン・L. ワイス、眠れる預言者エドガー・ケイシーなどの活躍もあって、キリスト教圏でも魂が輪廻するという真理が広まってきたと言えます

人間は時代を超えて転生を繰り返す魂であることが広まってきていると言えますが、さらに今後は、地球だけでなく様々なる星より転生する魂群のあることが知れ渡るのではないかと思います

現在はまだ奇妙な説、トンデモ説に過ぎないようにしか聞こえないでしょうが、かつてキリスト教圏で輪廻の思想が説かれて認識されだしたように、星間転生もやがては徐々に理解されるようになるでしょう

このブログもそのための役割をはたすために出来たのかもしれません

私自身は宇宙モノやチャネリングなどにもともとは興味が無く、書籍などが売られているのを見ても手にとって読もうとも思わなかったのですが、こうして何故だか宇宙関係のブログを書くようになりました

これも道を整えるための役割を与えられてのことかもしれません

『主の道を備えよ、その道筋をまっすぐにせよ』

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます