2013年9月28日土曜日

宗教は必要か?今のみ重要で過去も未来も無い?



昨日の記事に問い合わせありましたので二つの質問に答えたいと思います




1、宗教は必要なのか?将来は無くなっていくのかについて

宗教と言うのは私は魂の学校のようなものだと捉えています

その中で色々と学ぶことがあるでしょう

そういうことでは、すべての人が学ぶものが無くなた状態、仏教で言えば如来の悟りをすべての人が持つようになればなくなるのかもしれません

世の中に犯罪を犯すものがいなくなれば警察も刑務所も不要になりますよね

それと同じように魂の学びが不要となってきたらいらなくなるかもしれませんね

でもそうした時期はずっとずっと数億年数兆年も先のことかもしれません


2、今だけが重要で過去も未来も無い

私は知らないですがそうしたことを説く方が現代にいるのでしょうか?どう思うか質問がありました

こうした考えは新しいものでもなく、仏教の禅宗ににたような考えがあります

これも一つの考えではあるでしょうけど、刹那主義や唯物的な考えに陥りやすい考えではないかと思えます

ただ昔からそうした考えはありますし、これも一つの考え方としてあるのではないかと思います

ですので考えとしてそれほど高度とは言えないかも知れませんが、間違いとまでも言えないという感じを受けます

以上、上記の考えはあくまで私なりに考えたままを述べたもので必ずしも正しいものだとは言えませんので、参考程度に捉えてください

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます