2013年9月27日金曜日

ネガティブの手口と闇側の霊能者の特徴


ちょっと怖い題名をつけてみましたけど、こうした題に引き寄せられる人は多いのではないかと思います



それは人間には肉体我があり、危機を避けて安全でいたいという生存本能があるからです

スピリチュアル系のブログを拝見させていただくと、やはり恐怖心で人を引き寄せているブログが多くあるように思われます

人との縁でも、ブログでも一緒ですが、その人と引き寄せられるものがどのような想念によるかというのが重要です

ネガティブな想念同士で引き寄せられる人間関係というのもあり、例えば誰かが儲けさせてくれるとか楽して稼ごうと思いを持っていると、人を騙してでも稼ぎたいという詐欺師を引き寄せる場合もあります

あるいは、自分が不幸なのは、迷っている霊が憑いているからではないかとか、運気の落ちる方位や道具のせいではないかなど、外部の責任にしようとする心があると、そうした霊を祓ってあげるとか、幸運のグッズを売るとか言うネガティブな霊能者などを引き寄せてしまうことがあるでしょう

インターネットの情報でも、ブログなどでどのような情報に惹かれるかを考えてみて、恐怖心などのネガティブな情報なのか、あるいは気持ちが明るくなったり、深い愛を感じて引き寄せられるのかを考えてみてください

恐怖心や欲望などのネガティブな情報に引き寄せられる場合は、やはりネガティブな方向へ引き寄せられていくと考えられます

一方、愛の波動や明るい光を感じる情報に引き寄せられる場合は、ポジティブな方向へと進んでいると思います

ネガティブな存在が人を引き込もうとする時の手段としてよくあるのは「恐怖」と「欲望」であると思います

人に恐怖心を起こさせることばかり書いている人もいます。また、こうすれば運気が上がるとか開運など、心を置き去りにして人の欲を煽ることばかり書いている人もいます

そのようなブログはどうかな?っと思います

また人の批判ばかり書いているブログというのもよく見ます

以前も書いたことがありますが、そうした人は、ご自身の闇を投影していることが多いのです

ネガティブな霊の影響が大きくなってくると、他人に闇を投影して見てしまうようになってくるのです

歴史的な例で言えば、中世のヨーロッパで魔女狩りが行われましたけど、実際にそうした魔と通じている者(魔女)がいたというより、他人を魔女として決め付け裁いていた側に実は闇が潜んでいたのです

ですので人への批判が多くなり過ぎていないかもネガティブなものかの物差しになると思います

もちろん正当な批判というのはありますが、あまり批判が多すぎるようになっていると、実は自身にある闇を投影しているのではないかと反省してみないといけません

関連記事


ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

1 件のコメント:

  1. こんにちは。
    いつも拝読しています。

    霊能者で私も気になることがあります。

    ・宗教は不要、将来はなくなるという霊能者(スピリチュアル系)
    ・「今幸せになろう」過去も未来もない

    このあたりのことを説く霊能者が最近多い気がします。
    私は微妙なすり替えがあるような気がしてなりません。

    洪正幸さんはいかがお考えでしょうか。

    できれば記事で取り上げていたでけると嬉しいです。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます