2013年9月2日月曜日

スターシードの特徴 【ワンダラー・宇宙の魂】



宇宙から飛来し、地球へと生まれ変わった光の使者たち、スターシードやワンダラーとも呼ばれていますけど、そうした方々の特徴とはどのようなものがあるでしょうか?



それらの特徴を述べたサイトを拝見したこともありますが、必ずしも正確なものとは感じられませんでした

というのも、出身の星の特長によって魂の傾向性がだいぶ違ってくるので、必ずしもこうした特長があるとはっきり言えない所があるのです

中には正反対の価値観をもった宇宙の魂もあります

そうしたなかで、なるべく共通する特徴を述べてみたいと思います


ひとつには、周囲の人々との価値観や考え方において、違いや違和感を抱くことが多いと思います

元いた星では当たり前と考えてきた事柄が、地球においては当然とはされないことがあり、そこで違和感や疎外感を感じることがあります

特に日本では、周囲との協調を求められる社会であるため、他の星の出身者は周囲から浮いているように見えたり、あるいはイジメの対象にされることが多いかと思われます

日本人は同質性を求める気持ちが強く、個性的なところをなかなか認められないため、スターシードにとっては生きづらい部分があるでしょう

出身星による違いとはたとえば、草食系の惑星から来た人からすれば、地球人は雑食で、動物の死骸を嬉々として食べてると聞いただけで失神しそうなほどショックを受けるでしょう

地球はまだ残忍さが残っていますので、そうした草食系の星人や調和型の惑星の出身者からすれば、非常に残忍な集団のなかに生れ落ちたと言う感覚が強いと思います

また逆に、完全な肉食系の惑星の者たちからすれば、地球は甘い考えを持った人が多く、軟弱な生き物のように見えるでしょう

そのような違いと言うのがあって、違和感を感じることが多いでしょう

私も自己紹介ですこし書いていますが、子供の頃などに、いつになったら本当の世界に帰れるだろうか?とか、そうした思いを持つこともあるようです

宇宙の魂の特徴として、自分は宇宙人の魂ではないかと直接思う人は少ないでしょうが、何らかの周囲との考えの違いを感じることは多いかと思います

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

5 件のコメント:

  1. こんにちは。
    私の子供の頃の不思議な体験を聞いて下さい。

    かれこれ私が小学生だった頃(40年以上前になります)、私は一時兄と一緒の二段ベッドの上で寝ていた時があり、当時は豆電球を点けて寝ていたのですが、

    ある日ふと、何故か私は真夜中に目が覚めてしまい、突然理由もなく無性にとても寂しい感情に駆られ、下で寝息を立てて寝ている兄を「お兄ちゃん、お兄ちゃん・・・」と起こそうとするも起きてもらえず、ふと目線を戻すと、ナント目の前に大きな顔・・・!大きな瞳と耳の宇宙人の顔が・・・!!

    瞬間私はビックリしましたが、何故か怖いという思いは湧かず、かと言って懐かしい感じとかも無く、とても冷静に彼(彼女?)の顔をじ~~~っと見つめる内に、

    自分でも何故か解らないのですが、勝手に手が動く様な感じで、ナント大胆にも彼の顔を触ろうとしました。

    そしたら彼は私の手の動きに合わせるかの様にゆっくりと向きを変えて (彼を触る事は出来ませんでした)、こちらに背を向け外に移動しながら、ス―――ッと足の方から消えて行きました。

    ちょっとの間、訳が分からず「???」となりましたが、その後急に私は恐怖心に襲われて、壁の方に向きを変えて目をつぶる内に、いつの間にか寝ていました。

    決して夢ではない、とても鮮明に脳裏に焼き付いているあの不思議な体験は、「一体何だったのだろう???」と今でも思います。

    私には霊を見たり透視したりする能力は無いので、最近何人か霊能者の方に会う機会が有ったのでそれぞれ聞いてみたのですが、
    他の事には雄弁に語る皆様が、この件になると何故か皆さん答えをスルーなさるのも不思議です。

    私が思うに、宇宙人さんはきっと私の無性に「寂しい」という思いに反応していらしたと思うのですが、

    私を励ましに来て下さったのか、私を拉致しにいらっしゃったのか!?(笑)は、未だに謎です。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは

      不思議な体験をされていますね

      お話しを読ませていただいて感じたことは、こうした話しは昔は妖怪に会った話として語られたのだろうなと思いました

      昔も宇宙人の姿を見た人がいて、それが妖怪話として語り継がれているのかもしれませんね

      削除
  2. 妖怪・・・。

    それを見てしまう側に、何か問題が有るのでしょうか?
    (悪戯をする低級霊が宇宙人になりすますとか?)

    返信削除
    返信
    1. 気にしすぎかとおもいます

      昔からそうした体験をする人がいて余り表に出てこなかったのでしょうね

      削除
  3. 安心しました。個人的には、

    「自分の故郷の星の兄弟が心配になり、訪ねて来てくれた」と思える方が夢があります。(笑)

    お答え、ありがとうございました。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます