2013年8月3日土曜日

悪縁の怖さと良縁のありがたさ



以前東京で勤めていたときの話

電車を降りて駅の出口に向かうと、なんとも嫌な獣臭が漂っていました



なんだろうかと思って出て行くと、そこではかつて事件を起こしたオ○ム真理教の本が並んでいました

当時はまだ地下鉄事件を起こす前で、信者が販売をしていたのかも知れません

ちなみに、この教団では座りながらピョンピョン飛び跳ねたりして、それをありがたがっているような所がありましたが、動物霊が憑いてくるとそうした動きをするのです

狐や狸などの動物霊はピョンピョン飛び跳ねますし、蛇などの爬虫類が憑いて来ると、クネクネした動きをします

霊的なものを無闇に有り難がっていると引き寄せられるのでしょう

そうした悪しきモノといったん縁を作ると、霊的なストーカーのようにずっと付きまとわれてしまうことがあります

それは本やネットなどの情報でも、おかしな霊能者の話を聞いていると縁が出来るようになります

このようなブログなどでもそうです


一方、ちゃんとした神社や仏閣などにお参りしている人を加護する良縁もあります

ご本人がそんな熱心ではない方でも、ご両親などがよく神社にお参りをされている方に、霊的な加護が働いているということがあります

たとえばお友達でも、犯罪まがいのことをする不良グループと縁があると、なかなか足を洗えなかったり、縁を切るのが難しくて、悪い影響を受けますし、善良な人と縁を結んでいるとその人も運がよくなってきますし、良い影響を受けてきます

世の中は縁の法則によって動いていますので、良縁と悪縁の繋がりによって運命が左右されて行くことがあるのです

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます