2013年7月20日土曜日

原発の安全性を高めるために



いつもブログを転載していただいています読者のmegamiyamaさんのブログで、参院選候補の橋詰毅さんという方が、土中・地下に小型の原子炉を建設して、安全性を高めると言う話が載っていました



だいぶ前ですが、私も原子炉は、土中か海中、もしくは海上(浮上式)で建設したほうがよいのではないかと書いたことがあります

土中は地下水などの問題で安全性について反対運動が起こる可能性も考えられるので海中か海上がよいのではないかと考えましたが、地域によって許されるなら土中もよいのではないかと思います

それと遠隔操作できるロボット作業機を使って、人間に被害の及ばない原発を作ったらよいのではと思います

リモコンなどで遠隔地から操作して、原子炉内の作業はロボットが出来るようにするわけです

海中・海上の建設というのは、同時に、津波対策になる防波堤・防潮堤の機能も持たせられるとよいです

普段は海洋にある原子炉と海上とを結ぶ送電路として利用しますが、津波などが発生したら、堤防になるような仕組みが出来るとよいですね

原発については、選挙では賛成か反対かの二者択一の意見しか報道されませんが、新たな安全利用のアイディアを提示するのも選択肢としてあるのではないでしょうか

関連記事

  • 日本復興への提言
  • 日本復興への提言2
  • 日本の復興と再生にむけて
  • 放射線・原発の報道されない真実
  • 参議院の在り方について

  • ブログランキング に参加しています
    この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
    いつもありがとうございます


    スピリチュアル ブログランキングへ

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    1 件のコメント:

    1. 原発…

      色んな意見がありますが
      現場で働いていた方の意見も参考に…

      http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html#about

      返信削除

    コメントは管理人の承認後に表示されます