2013年6月21日金曜日

周りから優しくされる方法


鏡で遊ぶ赤ちゃん

鏡で遊ぶ赤ちゃん / yto 


人の思いというのは、目には見えませんが、電波のようにその人から発せられ、周囲に影響を与えていきます



そうして、同じような思いを持つ人をひきつけたり、あるいは、相手の持つ、同じような思いの側面を引き出すようになります

同じ人間であっても、立ち向かう人によって、いろんな側面を見せるものです

いつも怒っているような人でも、皆に同じ面を見せているのではなく、ある人には優しく接することもあるでしょう

相手のどの面を引き出すかは、立ち向かう本人自身の思いによるところがあるのです

優しい思いを絶えず抱いている人のは、やはり、周りは優しくなります

ひとの欠点ばかり見ている人は、他の人からも厳しく見られるようになるでしょう

ですので、ひとから良く思われたり、優しくされたりするためには、自身が、相手の良いところに目を向けたり、優しくしていくことがよいです

ひとは、自分自身にある欠点や嫌いな一面を、相手に投影してみることがあるのです

相手が嫌な人と見える場合は、自身の中になにか意識したくない一面があって、それを相手に押し付けてみている場合があるのですね

そうした場合は、一度立ち止まって、自身の中にどうして嫌という感情が沸き起こるかを、反省してみるとよいです

すると、今まで気付かなかった自身の一面を知ることが出来るでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます