2013年6月2日日曜日

子供たちを守り愛する魂



一昨日でしたか、前世を見ていただきたいとの話があり、その時のやり取りを許可を得ましたので掲載いたします



以下は私と依頼されたHさんのやり取りです

Hさん

前世だけでもいいので宜しくお願いします。
孤独を常に感じています。
また、7年位前カソリック教会を見て血の匂いを感じたのですが、最近その感覚が出てきて今前世の体験と同じ事を感じて辛く思っているような感じがするので、どうしたらよいかわからないのです。
あと、死ぬ時窒息死が嫌で恐怖心があります。その事がたまに自分に襲ってきます。
前世を紐解いて今どうしてこのような感覚におちいるのか知りたくなりました。
また、私は宇宙人なのかなと思う事もあります


見えたことをお伝えいたします

一番関係のありそうな前世

ヨーロッパの中世で、戦乱のなかで生まれました
ご両親を戦で亡くされているようです
幼くして孤児院で育ちました
おおきくなってから修道女になりました
石で頑強に作られたお城みたいな場所です
大きな鐘があり、それがけたたましく鳴り響くのがきこえます
敵襲のようです
石の壁で覆われた地下道かな?に避難しています
しかしそこは敵の攻撃を受けて焼け落ちてしまいました
その時に亡くなられたようです

このようなビジョンが見えました


Hさん

夜中にすみません。有難うございました。

メールした後、頭に浮かんできたのは、金髪の髪が腰位迄ある幼児で野原に寝そべっていて、私だと思いました。その後大人が来てその子の手をつないで連れて行かれるのが浮かんできました。

数年前瞑想中にお城みたいな石の壁で天上があいていて一生懸命祈っていて、そこが教会だと思いました。それに似た感じが今の生活感かもしれません。

幼児の時繰り返し見る夢が地下教会にいて私は子供でミサに向かう列でいつも後ろから敵が来るのではないかと怯えながらミサに向かうというのがありました。

最近はある映画を観ていたら、星が敵に殲滅されるシーンを観た時、魂の奥底から悲しくて嗚咽して泣いてしまいました。私宇宙人だったの?と思ってしまいました。UFOも沢山観るので。

あと、偉そうな聖職者に対して反発心が何故か出てきます。

子供が大好きで、来年子供が巣立つのがとても辛く、生きている意味がないと落込みます。

脈絡なくてすみません、もし大変でなければ、この辺の関連の事で何か分かりましたら教えて下さい。

知らない私の為に夜中にもかかわらず観て頂き本当に有難うございます。
子房さんの愛に感謝しています。


幼い頃に両親をなくした前世のあなたは
孤児院で育てられましたが
そこではあまり愛情を感じずに育ち
同じように戦災孤児のためになにかしたいと思いました
長じてより修道士となり
自分と同じような境遇の子供たちの親代わりとなって生きました
ある時、とうとう敵の侵略があって、その子供たちと一緒に
城のような教会の地下に逃れたのですが
残念ながらそこで全員なくなってしまいました

宇宙関係はわかりません
大抵はかなり古い時代のリーディングで宇宙時代は出てくるので
何度も深く繰り返し見ていかないとなかなかでてきません


Hさん

有難うございました。 
何故か涙が止まりません…

私が甘えるのが下手な原因が分かりました。寂しくても人に気軽に声かけられなくて我慢してしまいます。人が頼ってきたら一生懸命励ましてしまいます。

若い頃、子供のカウンセラーになりたい、子供の傷付いた心を癒してあげたいと思っていました。
そして、そのような会社も作りたいと思っていました。

(中略)

子供がいなくなったら仕事をしたいと思うのですが、会社でなく子供に関するボランティアでもいいと思ったり、発達障害の子の支援のお手伝いでもいいと考えています。

今世は両親に愛され育ちました。
小さい頃から病気ばかりしている私を一生懸命育ててくれました。

今日本は大変ですが、子供達の未来を開く為に政治活動しているのも、絶対中国みたいな政治体制の国に日本を占領されたくない。と特攻隊のような気持ちになってしまうのです。自分の命より子供達が大切みたいな。

前世の時の無念が今も影響しているのが分かりました。

有難うございました。
感謝しています。


以上となります

関連記事

ブログランキング に参加しています
この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
いつもありがとうございます


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます