2013年4月12日金曜日

夢日記 救出劇 【夢診断】

(これはレトリーバー)

夢の日記

深い森の中で迷って抜け出せなくなっている人がいる
それを探しに行って助け出す夢



二日後に見た夢
地下の広場のようなところにいる人たちを、地上へと迎えに行く夢

どちらの夢にもある知人が出てきていた

するとその夢に出てきた知人からメールがあり、
地下室のようなところに数人がいて、このままでは彼等に身の危険があるため、私と一緒に救出に向かうと言う夢を見たそうだ

私が見た夢の話しはしていないし、最近あまりメールをしていなかったのに、ふいに送られてきた

おそらく肉体を離れた世界では、迷っている魂があり、光の方へ迎えにいく仕事があるのではないか
それを睡眠中にしているのかもしれない

ちなみに、ヘミシンクでも瞑想中にレトリーバルというのをするが、同じようなことではと思う

ヘミシンクというのは、簡単にいうと音響を利用して深い瞑想状態を体験させる技術で、

レトリーバル(救出活動)とは、フォーカス23に囚われている人たちを27まで連れて行くこと言うそうですが、分かりやすく言うと、この世に未練や、執着が残っていて、あの世、光の世界、天国に帰れずにいる霊を、光の世界に帰すこと

ブログランキング に参加しています
下記のリンクをクリックいただけますと、ランキングで上位に表示されるようになり沢山の方に見ていただく機会がふえますので、この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
クリックいただいた方の幸いをお祈りいたします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ


精神世界ランキン

2 件のコメント:

  1. その節はどうも。笑
    地下にある銀行の金庫みたいなところに閉じ込められている人たちを、
    縦にも横にも高速で移動するエレベーターに乗って助けに行ったんですよね。

    閉じ込められているというのは霊的に囚われている(執われている)ということかもしれませんね。

    寝ながらやってると朝の疲労感がすごい…笑
    でもついやっちゃうんでしょーね♪

    返信削除
    返信
    1. こんにちは、どうもお疲れ様でした笑

      削除

コメントは管理人の承認後に表示されます