2013年3月9日土曜日

北朝鮮暴走の可能性


北朝鮮が声明発表、核開発続ける姿勢を強調日本テレビ系(NNN) 3月9日(土)13時14分配信
 北朝鮮の外務省は9日、声明を発表し、国連の安全保障理事会で採択された新たな制裁決議を非難するとともに、今後も核開発を続ける姿勢を強調した。



国連での制裁決議の流れもあり、ここのところ北朝鮮は挑発的な発言が続いています

北の若い指導者は、自我肥大しつづけ正常な判断が出来なくなっています

最近の北朝鮮の発言をみると、イラク戦争前後のサダム・フセインを思い起こします

フセインはクエートに侵略しましたが、アメリカは動かないと踏んでいたと思います

実際にはそれをもとにアメリカを中心とする多国籍軍により撃破されました

北の指導者も、核を手に入れることで、アメリカは開戦しなくなるだろうと踏んでいるのではと思われます

おりしもアメリカはオバマ大統領が再選しており、彼は積極的に海外へ軍事介入することを望まず、一国平和主義へ舵取りしようとしています

そうしたこともあり、北は核で脅せばアメリカは恐れて手出しできなくなると希望的観測をしているのでしょう

単に制裁をゆるめるための瀬戸際外交を続けていると見られる向きもありかと思いますが、現在、正常な判断を出来なくなっている度合いが増しているように感じられます

このまま北の現政権が転覆するようなことになるのなら、隣国を犠牲にしてしまえと自暴自棄になる可能性もあります

この時にどのような対応をすべきかを考えておかなければなりません

以前のアルジェリア人質事件でも日本の危機管理能力は脆弱なものであることを露呈しました

もしも朝鮮半島で有事がおこれば大変な混乱が日本にもおこります

想定外の出来事でしたでは済まされませんので、現在からでも危機管理能力を高め、対処を考えて事前に備えておくべきでしょう

関連記事

ブログランキング に参加しています
下記のリンクをクリックいただけますと、ランキングで上位に表示されるようになり沢山の方に見ていただく機会がふえますので、この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
クリックいただいた方の幸いをお祈りいたします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ


精神世界ランキン

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます