2013年3月1日金曜日

沖縄の発展へむけて

2010年10月31記

沖縄の発展について前回は下記の内容を書かせていただきました
沖縄の平和と発展のために

沖縄をドバイのような地域にしようという内容でした



ドバイという地域はオイルが出て発展していると勘違いされている方もいらっしゃるかも知れませんが、実はオイルではなく、巨大なハブ港を持つことで発展した地域であります
様々な国からの船がドバイを中継していくことで発展したんです
ですから沖縄も地理的に東アジアの中継地点としてたいへん有利な場所にあるため、巨大なハブ港とハブ空港を持つことで発展する潜在能力を秘めた地域なのです

そして尖閣付近にはイラクに匹敵するほどの海底油田があるといわれています
海底油田の発掘には多大な資金が必要となるため、本来は国家プロジェクトとしてなすべきですが、国がする気が無いので、沖縄独自でしたらよいでしょう
海底油田の採掘費用は県の財政ではとても賄いきれないでしょうから、建設債を発行して、採掘から得た利益を配分するということで銀行などに持ち掛けて集めることになるかと思います

これも本気でやる気のあるリーダーシップのある方が出て来れば可能でしょう

ハブ港とハブ空港だけで成功すればその収益で県財政を賄い、無税の県になれると思います
それに海底油田の収益をプラスしたら、県民一人に一軒家を県が無料でプレゼントするくらいの豊かな県になるでしょう

そして、相続税や資産税、贈与税を県内で廃止したら、世界中から美しい沖縄の海を求めて大富豪が引っ越してくるでしょう

そうすると益々発展していきます

夢物語のように思われるかも知れませんが、リーダーが明確なビジョンを持ち、その方向へ皆を引っ張っていけばそのような未来へと進んでいきます

さらに、沖縄には電車がなく、流通が良くないため発展が遅れている面があります
それは、地下を掘ったら次々と不発弾が出て来て工事がたいへんなのと、土地自体が少なく、米軍基地もあるため迂回したりがたいへんなところが問題なのでしょう

ここは発想を転換して、沖縄は周囲を海に囲まれているわけですから、地面を通る電車やモノレールではなく、海上交通を開拓したらよいと思います
那覇空港から北部や美ら海水族館に行くのはバスなどで時間がだいぶかかりますから、空港から高速船で一気に美ら海まで行く便を出したりするのがよいと思います
他にも水陸両用バスとか実際にありますから、そうした海上を利用した交通を開発していったらよいです

そして、海底油田のみではなく、様々な海洋資源の開発をしていくことです

日本では海藻からガソリンにかわるバイオエタノールを取り出す研究をしています
沖縄は四方を海に囲まれているわけですから、そうした次世代のエネルギー資源の開発に向いています

他にも海水温の差を利用した発電の研究もありますね

それ以外にも、魚を海に放流して回収する海洋牧場のようなものも今後の研究で有望だと思います

そのようにいろいろ考えれば様々な発展の可能性があります

ですから県外からの工場誘致ですとか、それもよいんですが、小さなことにしか意識が向いていないと、どんどんじり貧になっていきます

夢のある未来構想を持ち、県民を引っ張っていけるリーダーが必要だと思いました


関連記事


ブログランキング に参加しています
下記のリンクをクリックいただけますと、ランキングで上位に表示されるようになり沢山の方に見ていただく機会がふえますので、この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
クリックいただいた方の幸いをお祈りいたします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ


精神世界ランキン

2 件のコメント:

  1. 宮崎の発展のための記事も読ませていただきましたが、「夢のある未来構想」にこちらもワクワクしました。

    宮崎はかつては新婚旅行のメッカとして人気があったところでしたよね。

    友人知人に宮崎出身の人が何人かいますが、のんびりとしておおらかな印象があります。土地柄でしょうね。

    私も何度か行ったことがありますが、神楽なども楽しめて、高齢者にはいいところだと思います。フラダンスの大きな大会もあります。

    「発想の転換」大事ですね。

    老後は沖縄か宮崎か迷ってしまいますね。
    「老後」になるまでにはまだ時間があるので、どなたかに頑張ってもらいたいものです(笑)

    返信削除
  2. 宮崎の思い出話になりますが、隠れた観光スポットをご紹介させて頂きます。

    知人の地元の神社でのお祭りに連れていってもらったことがありました。

    神社の敷地に舞台を作って、近隣の地区からも神楽の出し物がありました。

    そこの神社は一時期は寂れてしまっていたそうですが、新しい宮司さんが来られて祭りを復活させて神社を立て直したそうです。

    宮司さん自らもお一人で勇壮な舞を舞われましたが、とても見応えのあるものでした。

    衣裳も見事で、私も感動と興奮で何枚も写真を撮りました。
    迫力ある奉納の演技で、きっと神様もお喜びになったことでしょう。

    「日本に生まれてよかったなぁ」と思えるようなお祭りでした。

    ただ、残念ながら神社の名前は覚えていません。
    海のすぐ側にある神社でした。

    でも、宮崎では各地の神社でこのようなお祭りが行われているのではないかと思います。

    神社巡りがお好きな方は、老後は宮崎がオススメです!

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます