2013年2月6日水曜日

死と肉体の痛みへの恐怖【前世鑑定】




以前mixiにて実施していましたヒーリングの感想をブログにも残しておきます



ヒーリング中に見えたビジョンをお伝えいたします
アジアのどこかですが中国かベトナムあたりで修道女のようで孤児院で活動するかたですがこの方は欧米人のようです四~五十代に見えます
軍人のような方に連行されていきました
子供たちが心配そうに見守っているのが見えます
何か戦争がおこったために外国人であるその女性はスパイ容疑で捕まったように思います
収容所のような所にいれられそこで亡くなっています
その時の意識を浄化していただくようにお願いしました

もうひとつはヨーロッパでこの時も女性ですが小さな娘さん三~四才くらいの可愛らしいお子さんと小さな家に住んでいますが、突然誰かが入ってきて連れ去られます
魔女狩りのようなものだと思います
拷問の末亡くなったのが見えます
マリア様のような方がその人をあげようとするのですが娘のことが気になってあがろうとしません
その娘さんが大人になり結婚して可愛い子供が生まれる情景を見に行きそれで安心して光の中へ入っていきました
二つとも似たような人生ですが、死と痛みへの恐怖はここから来ているように思います
また子供を残して殺されたというのが怒りとなって残っているようです
それらは前世から引き継いだものだったと腑に落ちると消えていくと思います


引用ここまで
そして下記はそのいただいた感想です


今回は『死』『肉体の痛み』『怒り』に対するヒーリングをお願いしました。
子房さんから送られて来た内容は、十二分に納得出来るものでした。
依頼してから、少し抵抗する気持ちが上がってきたのですが、『今なら大丈夫。受け入れられる。』と言い聞かせているうちに、『死』『肉体の痛み』にはフォーカスしなくなり、『怒り』が上がってきました。
今、思うと、やはり知ることが怖かったのかもしれません。(笑)
ヒーリング時間は、とにかく眠くてたまりませんでした。
思考が機能しなくなる感じです。
そして翌朝、メールで送られて来た『2つの過去生』を知り、静かに受け入れることが出来ました。
符号するものは、たくさんありましが、その中で特に興味深いものは・・・・
1) 学生時代~見に覚えのない出来事により中傷されて、しばらく人間不信になったこと。
スパイ容疑ほど深刻ではなかったものの、思春期の私は深く傷つきました~
2) 私自身~子供を産む事がとても怖かったこと。(出産の痛みに耐えられるのか、とても不安でした。)
3) 子供を産んでからも、『この子を残して死にたくない。この子の幸せを見届けたい。』という想いでいっぱいだったこと。
夜更けに可愛い我が子の寝顔を見ながら、とてつもなく大きな不安に包まれ、涙することが頻繁にありました。
今は、とても穏やかな気持ちです。
愛しい我が子を抱きしめ、明るい未来を思い描き易くなりました。(^^)
そして、肉体の痛みの先には新しい喜び(=生命の誕生)もあるという、認識も強まりました。
過去生ヒーリング(リーディング)は、受ける側の在り方によって『現実逃避』になりがちです。
なので、受けようと決めるまで、しばし自分の中で問答をしましたが、『死』『肉体の痛み』に対する恐怖は、妊娠してからずっと、子供を持った喜びと共に深まるばかりだったので、思い切ってお願いすることにしました。
最高のタイミングで、シンプルでパワフルなヒーラーに出会い、2年ほど渦巻いていた『どうしようもない感情』を、すんなり解放できてホッとしています。(^^)
お腹の奥の方に、ゆったりと柔らかいエネルギーが流れ出したのを感じます。
本当にありがとうございました~


引用ここまで

ありがとうございました
本人が手放す用意が出来たものが解放されていくんでしょうね

関連記事



ブログランキング に参加しています
下記のリンクをクリックいただけますと、ランキングで上位に表示されるようになり沢山の方に見ていただく機会がふえますので、この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
クリックいただいた方の幸いをお祈りいたします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ


精神世界ランキン

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます