2013年2月3日日曜日

食べ合わせと健康




医食同源という言葉もありますが、健康と食事について調べていたらいろんな説があり、なかには正反対に見える主張をしていることもあるようです



糖尿病についてはご飯と一汁一菜など粗食を進める人と、血糖値を上げる炭水化物を全く食べずに肉類などはいくらでも食べてよいという人もいて論争になっていました

いろんな説を聞くにつけて、どうも食べ合わせに健康に関する大きな原因があるのでは?とインスピレーションを受けました

炭水化物と肉類は食べ合わせが悪く、それが様々な病気の一因になっているのではと感じられました

ご飯と野菜のみの食事を進める説も、炭水化物を抜いてそれ以外を食べるようにする説も、結果的に炭水化物と肉類を同時に食べないという食べ合わせの方法をしていたのではと考えられました

インスピレーションを受けた日の翌日だったと思いますが、別のことを調べていたら偶然にエドガー・ケイシーも同じことを言っているのを知りました

そしてケイシーのみでなくラマ僧の健康的な食事法にも同じことを言われているのを見つけました
下記リンクではケイシーとラマ僧の言われていることを並べてわかりやすいです

ケイシーリーディング食事編その1

炭水化物や澱粉類と肉類などのタンパク質は一緒に食べてはならないこと

他にも類似品がいろいろ書かれています

どちらも野菜や果物を主食として、炭水化物と肉類は一緒に食べず、副食としてとるのがよいということですね



ブログランキング に参加しています
下記のリンクをクリックいただけますと、ランキングで上位に表示されるようになり沢山の方に見ていただく機会がふえますので、この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
クリックいただいた方の幸いをお祈りいたします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ


精神世界ランキン

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理人の承認後に表示されます