2013年1月19日土曜日

異端者の物語





かつてあったお話しです

石畳の道路に石造りの家々が並ぶ都市

イタリアの近くかと思います



病気をして働けなくなった者たちが街のいろんな所にいました

ある若者がそうした病をかかえて動けない方の身体をさすったり、良くなるようにお祈りしてまわっていました

しばらくするとこれらの病人のうちに回復しだして、動けるようになる方も出てきました

なかには喜びのあまり奇跡によって癒されたと言ってまわる者もいました

病気の母親と娘さんで暮らすところに、訪れて二人とも癒しました

そうして癒しを求める者がたくさん増えてくると、若者の噂は教会の耳にも入ってきました

「若者のなしている行為は教会の権威を落とすものだ。きっと悪霊の力によって病人から悪霊を追い出しているに違いない」

教会のものたちはそう考えて若者を捕らえました

そして判決で異端者と決まり、処刑所までひもでくくられて、街中をみせしめのように引き回されました

見物人たちは唾を吐きかけたり、石を投げたりしました

ことに、若者によって癒された人は、彼との関わりを疑われるのを恐れてよけいに彼に罵声を浴びせました

若者の血の流れる口から「許してください…」という言葉がかすかに聞こえました

それを聞いた街の人は、よけいに嘲笑して罵ったり石を投げたりいたしました

若者が本当に言っていたのは「主よ、彼らを許してください」という言葉でした

若者は街の広場で異端者として処刑されました

関連記事




ブログランキング に参加しています
下記のリンクをクリックいただけますと、ランキングで上位に表示されるようになり沢山の方に見ていただく機会がふえますので、この日記の記事がよいと思われましたら応援クリックお願いいたします
クリックいただいた方の幸いをお祈りいたします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


スピリチュアル ブログランキングへ


精神世界ランキン

1 件のコメント:

  1. 今もそうなりそうです。つらいですね。

    返信削除

コメントは管理人の承認後に表示されます